女性警察官インタビュー わたしたちの力が、求められる現場があります。

北海道警察では、数多くの女性職員が活躍しています。
仕事をする上で男女の差はなく、配置ポストやキャリアアップは本人の希望や努力次第です。

女性警察官インタビュー

地域警察 警察署勤務 巡査部長
  • 地域警察
  • 警察署勤務 巡査部長
「憧れから希望した警察官。いろいろなきっかけがあっていい。」

生活安全部門での勤務を経験し、現在は巡査部長として交番で勤務しています。

交番勤務中は、遺失物の届出受理、窃盗事件対応や喧嘩の現場など多種多様な事案に対応しなければなりません。 警察官になった当初は、特に男性の当事者が多い喧嘩の現場などで自分がどう立ち振る舞えば良いか悩んだことがありました。しかし、女性警察官が現場にいることで事件捜査がスムーズに進むことやクールダウンして落ち着きを取り戻す当事者がいる中で、経験と共にだんだん自分の果たすべき役割がわかるようになりました。

漠然とした女性警察官への“憧れ”から警察官をめざした私ですが、いろいろなきっかけがあっていいと思います。 交番勤務は、1日として同じ対応ができない緊張感のある毎日。 とても責任のある大変な仕事だと感じますが、自分が必要とされているという実感や「全ては道民のために」という自分の思いを実現できる仕事です 。

刑事警察 捜査第三課 巡査部長
  • 刑事警察
  • 捜査第三課 巡査部長
「人の心を救うことができるところに魅力を感じています。」

現在は、「窃盗被害品が質店やリサイクルショップなどに売りに出されていないか」などを確認し、盗品の手配をする盗品捜査を担当しています。

これまで女性刑事として勤務してきて、性犯罪の被害女性の心情を汲み取れなくて悔しい思いをしたり、睡眠時間を削って犯人を捜索したりと様々な経験をしてきました。

ドラマみたいに格好いい仕事ばかりではないですが、犯人を逮捕し、事件を解決することで人の心を救うことができるところに魅力を感じています。

  • 生活安全警察
  • 人身安全対策課 巡査長
「被害者のサインを読み取って助けることができるのは「警察官」である私たち。」

DV、ストーカー、児童虐待の現場へ向かい、被害者を保護するとともに、加害者への警告、検挙をしています。

以前に対応した児童虐待が疑われる現場で、言葉を話すことができない小さな子供が恐怖から全身を震わせていたのを見て、 この必死のサインを読み取って助けることができるのは「警察官」である私たちしかいないと思いました。

私は子供が好きでこの係を希望しましたが、様々な希望や能力をいかせる幅広い職種があります。

総務・警務警察 総務部広報課 カラーガード隊係 巡査長
  • 総務・警務警察
  • 総務部広報課
    カラーガード隊 巡査長
「皆さんのたくさんの笑顔や拍手、暖かい言葉が、最大のやりがいです。」

「困っている人を助けたい」。幼い頃から抱き続けてきた思いを叶えるため、警察官を志望しました。現在はカラーガード隊として全道各地を回り、演奏会やパレードを通して、防犯や交通安全に関する広報活動を行っています。

旗を使った演技やポンポンを使ったダンス、音楽劇などを披露した後に観客の皆さんからいただく、たくさんの笑顔や拍手、暖かい言葉が、私にとって最大のやりがいであり評価となっています。

カラーガード隊は、メンバー全員で一糸乱れぬ演技を披露するため、日々地道な訓練を積み重ねています。時には大変だと感じることもありますが、現状に満足せず、より観客の皆さんに感動を与えられる演技ができるよう日々努力していきます。

生活安全警察 警察署勤務 巡査長
  • 生活安全警察
  • 警察署勤務 巡査長
「正義のヒーローから縁の下の力持ちまでこなす仕事です。」

約2年間の交番勤務を経験し、現在は警察署で主にDVやストーカー、行方不明の相談や届出、盗撮や痴漢といった女性や子どもが被害者となることが多い事件を担当しています。私自身、高校生の時に痴漢被害に遭ったことがあり、その時に対応してくれた女性警察官のたくましくも優しい姿が忘れられず、警察官になりました。

警察官というと「正義のヒーロー」というイメージでしたが、いざ自分が警察官になってみると、決して表には出ないけれど確かに道民を犯罪から守る「道民のための活動」が多く、「縁の下の力持ち」というイメージに変わりました。

警察官という仕事は、当直勤務があり、時には事件発生や災害による呼び出しがある“特殊な職業”かもしれません。楽な、楽しい仕事ばかりではありませんが、「話を聞いてくれたのがあなたで良かった」と被害者の女性から言われた時は、この仕事をしていて良かったと感じました。

お問合せContact

北海道警察本部採用センター

フリーダイヤル:0120-860-314

〒060-8520 札幌市中央区北2条西7丁目
Tel.011-251-0110(内線2696/2697)