警察学校 警察官としての一歩は、ここから始まる。

警察学校は、一人前の警察官になるために必要となる基本的知識・技能を学ぶための全寮制の施設です。警察官採用試験に合格し、採用された全員が入校し、規則正しい集団生活を通して、警察官としての基礎を身に付けていきます。知識、体力とともに人間性を磨きつつ、同期の仲間たちとの、かけがえのない絆が育まれていく場でもあります。

警察学校の1日

規則正しく、分刻みのスケジュールに沿って学んでいくのが警察学校の1日。大学・高校生活と比べ、規律の厳しさに最初は戸惑うかもしれませんが、熱く、温かい教官が行う授業(講義・実習)を受けるうちに、警察官としての自覚や責任感が養われていきます。また、互いに切磋琢磨する仲間と寝食を共にする中で、強い連帯感や絆が生まれていきます。

  • 06:30

    起床

  • 07:10

    朝の点呼

  • 09:00

    1時限目

  • 10:40

    2時限目

  • 12:00

    昼食・休憩

  • 13:00

    3時限目

  • 14:40

    4時限目

  • 16:10

    5時限目

  • 17:30

    夕食・自由時間

  • 22:00

    夜の点呼

  • 23:00

    消灯

  • 7:10
    朝の点呼、朝食、授業準備
    学校正面の玄関前に集合し、国旗掲揚をしてから朝の点呼を行って、1日がスタートします。その後、1日の授業準備をし、教場へ向かいます。
  • 9:00 - 12:00
    授業
    班ごとに教場でホームルームを行い、授業が始まります。1時限80分の授業が、午前中は2時限行われます。
  • 12:00 - 13:00
    昼食(休憩)、授業準備
    ほっと一息つける昼食時間は皆の表情も和らぎます。仲間と会話しながら栄養・ボリューム満点の食事をとり、午後の授業に備えます。
  • 13:00 - 17:30
    授業
    午後の授業は3時限。講義形式の他、気力・体力を養う術科や、実習形式の授業もあります。
  • 17:30 - 22:00
    夕食、自由時間、自主トレーニングなど
    夕食後は自由時間となり、部屋で授業の予習・復習や施設内のジムで汗を流したり、仲間との語らいを楽しんだりしています。

警察学校の365日

大学卒業者は6か月間、その他の者は10か月間の教養の期間が設けられます。警察官としての「心・技・体」を養うためのかけがえのない時間です。

4月
4月採用A・B区分入校式
4月採用A・B区分拳銃貸与式
親善球技大会
4月採用A区分
4月採用B区分
5月
4月採用A・B区分警察手帳貸与式
4月採用A区分
4月採用B区分
6月
夏季体育大会
4月採用A区分
4月採用B区分
7月
4月採用A区分実務研修
4月採用A区分
4月採用B区分
8月
帰省休暇
夏季特別術科訓練
4月採用A区分
4月採用B区分
9月
駅伝大会
4月採用A区分卒業式
4月採用A区分
4月採用B区分
10月
10月採用A・B区分入校式
10月採用A・B区分拳銃貸与式
親善球技大会
4月採用B区分
10月採用A区分
10月採用B区分
11月
4月採用B区分
10月採用A区分
10月採用B区分
12月
10月採用A・B区分警察手帳貸与式
4月採用B区分実務研修
4月採用B区分
10月採用A区分
10月採用B区分
1月
10月採用A区分実務研修
4月採用B区分卒業式
4月採用B区分
10月採用A区分
10月採用B区分
2月
冬季特別術科訓練
冬季体育大会
10月採用A区分
10月採用B区分
3月
10月採用A区分卒業式
10月採用A区分
10月採用B区分
4月
親善球技大会
10月採用B区分
5月
10月採用B区分実務研修
10月採用B区分
6月
夏季体育大会
10月採用B区分
7月
10月採用B区分卒業式
10月採用B区分
  • 入校式

    入校式が執り行われ、警察官としての第一歩がスタートします。これからの毎日に不安と希望が入り混じる表情の新人警察官が並びます。

  • 拳銃貸与式

    入校してまもなく、全員に拳銃が貸与されます。安全管理については特に厳しく指導され、警察官としての重責を実感する瞬間です。

  • 術科訓練

    逮捕術のほか、柔道・剣道から選択履修し、卒業までに初段以上の取得を目指します。

  • 卒業式

    初任科の研修期間終了前に卒業試験が行われ、それを終えると卒業式が執り行われます。その後道内の各警察署に配置され、一人前の警察官としての勤務がいよいよスタートします。

卒業生の未来

地域住民に寄り添い、期待・信頼される警察官になりたい。
警察学校での生活は大変なこともありましたが、各種行事では同期の絆を深めることができ、 とても充実した生活を送ることができました。学校生活を通して、自分自身オンとオフの 切替えができるようになったと感じています。今後は何時も地域住民に寄り添い、期待・信頼 される警察官になりたいです。

令和2年1月卒業 初任科第235期

住民のために、自分で考え、判断し、行動できる交番勤務員になりたい。
学校生活を通じて、周囲の変化への気付きや、気遣いができるようになったと感じています。 多少困難なことがあっても、みんなが同じ目標に向かっているので、私も前向きに努力することが できました。現在の目標は、住民のために、自分で考え、判断し、行動できる交番勤務員になることです。

令和2年1月卒業 初任科第235期

お問合せContact

北海道警察本部採用センター

フリーダイヤル:0120-860-314

〒060-8520 札幌市中央区北2条西7丁目
Tel.011-251-0110(内線2656/2657)