処遇 Treatment

それぞれの思いを胸に、任務に当たる警察官。その日々の努力や積み重ねた実績を評価する給与・昇任制度を始め、国民の生命・身体を守る職務能力の向上を図る研修制度、さらに、住宅や休暇制度など充実した福利厚生で、万全の勤務が行えるようフォローアップします。

給与制度

北海道警察官の給料及び諸手当は、おおむね次表のとおりです。採用前に職歴がある場合は、所定の方法により加算されます。なお、国民の生命・身体を守るという崇高な職務を担っていることから優遇措置がとられ、他の行政職員より高い月額となっています。昇給は年1回で、研修、表彰などによる昇給もあります。民間企業のボーナスに当たるものとして期末・勤勉手当があるほか、扶養手当、地域手当、通勤手当、住居手当、単身赴任手当、特殊勤務手当などの諸手当も支給されています。

大学卒 短大卒 高校卒
採用時の初任給 (給料月額)
約199,200
約182,300
約168,400
初年度の期末・勤勉手当
約581,000
約534,000
約493,000
採用時から1年間の総収入
約3,612,000
約2,991,000
約2,769,000
2年目の年間総収入
約4,558,000
約4,130,000
約3,821,000

上記のほか、扶養手当、住居手当、通勤手当などがそれぞれの条件によって支給されます。

※平成29年1月1日現在。

モデルケース01[中央署地域課]巡査長

■大卒 25歳 ■勤続3年 ■独身
■札幌市南区真駒内居住(公宅)をモデルケースとした場合、時間外勤務手当などを除いて右記のようになります。

区分 支給額 支給額合計
給料
226,900
253,607
地域手当
6,807
特殊勤務
手当
14,100
通勤手当
5,800

モデルケース02[中央署地域課]巡査部長

■大卒 30歳 ■勤続8年 ■家族3人[本人、妻、子供1人]
■札幌市南区真駒内居住(公宅)をモデルケースとした場合、時間外勤務手当などを除いて右記のようになります。

区分 支給額 支給額合計
給料
270,300
318,806
扶養手当
19,900
地域手当
8,706
特殊勤務
手当
14,100
通勤手当
5,800

昇任制度

警察官には、責任と役割に応じて階級が設けられています。その昇任は、公平な昇任試験によって行われ、日々の勤務努力と勉強が正当に評価される実力主義の制度となっています。高校卒業の場合最短で23歳で巡査部長に昇任できるなど、本人のやる気と努力次第で、巡査部長、警部補、警部、警視と上位の階級への道が開かれています。

  • 巡査

    警察学校を卒業後、各警察署の交番などで勤務します。

  • 巡査長

    巡査として職務に従事しつつ、ともに勤務する巡査に対し、実務の指導に当たります。

  • 巡査部長

    警察本部・警察署の主任として職務に従事します。部下の指導監督も行います。

  • 警部補

    警察本部・警察署の係長として職務に従事します。部下の指導監督も行います。

  • 警部

    警察本部の課長補佐、警察署の課長などとして職務に従事します。部下の指導監督も行います。

  • 警視

    警察本部の課長、警察署の署長などとして職務に従事します。

  • 警視正

    警察本部の部長・方面本部長、大規模警察署の署長などとして担当部門の管理・運営及び部下の指揮監督に当たります。

  • 警視長

    警察本部の部長・方面本部長として担当部門の管理・運営及び部下の指揮監督に当たります。

勤務時間

職員の出勤風景

警察官の勤務形態は、「通常勤務」と交番勤務などの「交替制勤務」の2種類に大別されます。通常勤務は、平日の午前8時45分から午後5時30分までの勤務で、完全週休2日制です。交替制勤務は、1日目当番ー2日目非番ー3日目週休日(又は日勤)というローテーションになります。いずれも勤務時間は週平均38時間45分で、週休日の日数についても、他の公務員と同様です。

3交替制の勤務パターン

研修制度

  • 幹部研修

    巡査部長、警部補、警部の昇任者(昇任予定者)に対し、幹部として必要な知識及び技能を修得させる幹部研修を実施しています。他都府県の警察官とともに研究をしたり、交流を深めながら幹部としての実力を身に付けていく研修もあります。

  • 海外研修(語学研修)

    犯罪の急激な国際化の中、国際感覚にあふれた幅広い視野と見識を持った警察官を育成するため、毎年、語学能力を有する警察官を対象とした海外研修を実施しています。派遣先である世界各国において警察事象や語学を学びます。

  • 専門研修(専科教養)

    生活安全、刑事、交通、警備の各部門を目指す警察官に対し、それぞれの基礎知識や技能を修得させる部門別教養や特定分野のエキスパートを養成する専科教養を実施しています。さらに、複雑・多様化する犯罪情勢に対応するため、部内外の講師による語学、情報技術などの研修も行っています。

海外勤務

本人の希望、適性などにより在外公館などの海外で勤務するチャンスもあります。

人事交流

警察庁や道・市などに出向又は派遣され、より幅広い視野で業務を担当したり、交通対策、青少年対策などのスペシャリストとして他官庁で活躍することも可能です。

住宅(公宅・独身寮)

各地域に職員住宅が整備されており、希望に応じて入居が可能です。また、道内主要都市には、独身寮が用意されています。

  • 女性用公宅

  • 男性用独身寮

警察官の人生設計

北海道警察は、職員が私生活を充実させつつ、安心して仕事に打ち込める働きやすい職場環境づくり(ワークライフバランス)に特に力を入れて取り組んでいます。

モデルケース[男性A区分]

お問合せContact

北海道警察本部採用センター

フリーダイヤル:0120-860-314

〒060-8520 札幌市中央区北2条西7丁目
Tel.011-251-0110(内線2656/2657)