仕事と子育ての支援制度

女性が仕事と出産・育児の両立のために利用できる制度、男性が取得できる配偶者出産休暇や育児参加休暇など、子育てをサポートしています。

仕事と子育ての支援制度
  • 配偶者や子の養育状況により適用が異なる場合があります。
  • 令和3年1月1日現在のものです。
仕事と子育ての支援制度
仕事と子育ての支援制度

職場復帰支援プログラム

  • 育児休業からの復帰を支援する研修
  • 育児休業からの復帰時の配属先を考慮
  • 育児休業手当
  • 育児費用の助成など

仕事に、趣味に、子育てに全力投球中です。

警部補(2007年4月採用)

7歳の長男と5歳の次男がおり、休日は親子共通の趣味である野球や釣りを楽しんでいます。

育ち盛りの男の子2人は、遊ぶ時は友達感覚で、まさに体力勝負。日頃からけがが絶えず、急に熱を出すこともあり、本当に手がかかります。

会社員として働く妻と共働きということもあり、妻と交代で急に仕事を休まなければならない! ということもありますが、子供を看病するための特別休暇や育児を行う場合などに勤務時間を臨時で変更できる制度など、フルに活用しています。

何よりも有り難いのは、仕事と家庭を両立できる温かい職場環境があること。

時には仕事が忙しく、妻に負担をかけることもありますが、充実した制度や環境のもとで仕事に全力投球しながら、子供の成長を見守ることができる幸せな日々を送っています。

仕事と子育ての支援制度
仕事と子育ての支援制度

働く自分を大切にしながら、子育てを楽しみたい。

巡査長(2006年4月採用)

3人の子供を保育園に送り出してから職場に出勤。

帰ってからも食事の支度に洗濯、寝かしつけと座っていられる時間がほとんど無いのでは?と思うほど、働くママは大忙し。

しかし、3度の出産と通算5年の育児休業を経て、自分で選んだ仕事を続けられるというのは、 その時々の職員の家庭事情に寄り添える様々な休暇制度があることや子育てに理解のある上司・同僚がいるということ。

小さかった長男がランドセルを背負って初めて帰ってきた瞬間を家で迎えられたり、よちよちあんよだった末っ子が保育園の運動会で上手にかけっこできる姿を見た時は、親としての幸せを感じます。

妊娠や出産は女性だけのものではないけれど、どうしても女性に負担がかかります。 それを理解してくれ、自分らしく働くことができる職場がここにあります。

仕事と子育ての支援制度
仕事と子育ての支援制度

お問合せContact

北海道警察本部採用センター

フリーダイヤル:0120-860-314

〒060-8520 札幌市中央区北2条西7丁目
Tel.011-251-0110(内線2696/2697)