警察学校 Police School

警察学校
Police School

警察学校は、一人前の警察官になるために必要となる基本的知識・技能を学ぶための全寮制の施設です。
警察官採用試験に合格後、採用された全員が入校し、規則正しい集団生活を通して、警察官としての基礎を身に付けていきます。 知識、体力とともに人間性を磨きつつ、同期の仲間たちとの、かけがえのない絆が育まれていく場でもあります。

警察学校の1日

規則正しく、分刻みのスケジュールに沿って学んでいくのが警察学校の1日。 大学・高校生活と比べ、規律の厳しさに最初は戸惑うかもしれませんが、熱く、温かい教官が行う授業(講義・実習)を受けるうちに、警察官としての自覚や責任感が養われていきます。 また、互いに切磋琢磨する仲間と寝食を共にする中で、強い連帯感や絆が生まれていきます。

  • 6:30

    起床

  • 7:10

    朝の点呼

  • 9:00

    1時限目

  • 10:40

    2時限目

  • 12:00

    昼食・休憩

  • 13:00

    3時限目

  • 14:40

    4時限目

  • 16:10

    5時限目

  • 17:30

    夕食・自由時間

  • 22:00

    夜の点呼

  • 23:00

    消灯

  • 9:00
    授業(座学)
    警察官として経験豊かな教官(授業講師)のもと、現場での職務執行に必要な法律や捜査書類の作成方法など、交番勤務ですぐに必要となる基礎的知識を学びます。
  • 10:40
    現場対応訓練
    地域、刑事、生活安全、交通、警備など専門分野ごとに様々な現場対応について学びます。現場を想定し、実際の装備資機材を使用した実技を通して学びます。
  • 13:00
    逮捕術
    けがなく、安全に犯人を逮捕・制圧するための訓練です。柔道、剣道など武道の未経験者が多いため、一般的な護身術に近い基本動作から丁寧に訓練していきます。
  • 14:40
    教練
    警察礼式や部隊行動などの訓練を通して、警察官として必要な規律、災害やテロなどの事案対応時における円滑な団体行動を学びます。
  • 16:10
    拳銃操法
    警察学校で初めて手にする拳銃。現場で使用する可能性がある警察官にとって、欠かすことができない訓練です。拳銃使用に関する法律を学んでから、実射訓練を行います。

警察学校の365日

大学卒業者(A区分)は6か月間、その他の者(B区分)は10か月間の教養期間が設けられます。警察官としての「心・技・体」を養うためのかけがえのない時間です。

4月
4月採用A・B区分入校式
4月採用A・B区分拳銃貸与式
親善球技大会
4月採用A区分
4月採用B区分
5月
4月採用A・B区分警察手帳貸与式
4月採用A区分
4月採用B区分
6月
夏季体育大会
4月採用A区分
4月採用B区分
7月
4月採用A区分実務研修
4月採用A区分
4月採用B区分
8月
帰省休暇
夏季特別術科訓練
4月採用A区分
4月採用B区分
9月
駅伝大会
4月採用A区分卒業式
4月採用A区分
4月採用B区分
10月
10月採用A・B区分入校式
10月採用A・B区分拳銃貸与式
親善球技大会
4月採用B区分
10月採用A区分
10月採用B区分
11月
4月採用B区分
10月採用A区分
10月採用B区分
12月
10月採用A・B区分警察手帳貸与式
4月採用B区分実務研修
4月採用B区分
10月採用A区分
10月採用B区分
1月
10月採用A区分実務研修
4月採用B区分卒業式
4月採用B区分
10月採用A区分
10月採用B区分
2月
冬季特別術科訓練
冬季体育大会
10月採用A区分
10月採用B区分
3月
10月採用A区分卒業式
10月採用A区分
10月採用B区分
4月
親善球技大会
10月採用B区分
5月
10月採用B区分実務研修
10月採用B区分
6月
夏季体育大会
10月採用B区分
7月
10月採用B区分卒業式
10月採用B区分
  • 入校式

    入校式が執り行われ、警察官としての第一歩がスタートします。これからの毎日に不安と希望が入り混じる表情の新人警察官が並びます。

  • 拳銃貸与式

    入校してまもなく、全員に拳銃が貸与されます。安全管理については特に厳しく指導され、警察官としての重責を実感する瞬間です。

  • 体育大会

    仲間との絆を深めるとともに、入校中の体力づくりの一貫として、リレーやシャトルランなどを行います。

  • 卒業式

    研修期間終了前に卒業試験が行われ、それを終えると卒業式が執り行われます。その後道内の各警察署で、一人前の警察官としての勤務がいよいよスタートします。

どうして警察官になったの?

小学校の時に親に連れられてなんとなく始めた剣道。そこでの恩師が警察官だったんです。 私にとって警察官は身近な存在で、物心がついた頃から漠然と警察官になりたいなぁと思うようになりました。 一度は民間企業で秘書として働きましたが、平成30年に発生した胆振東部地震で私自身初めて避難所生活を経験したことが転機となり、受験しました。 将来はあの地震の時のブラックアウトの中で見た、連携して交通整理をする警察官や避難所で声をかけてくれた警察官のように頼もしく、人の心をそっと汲み取れる警察官になりたいと思います。

2020年4月採用

高校卒業後の進路をどうしようと悩んでいたときに高校の先生から勧められたのが警察官でした。 いろいろな公務員を調べていくうちに、自分が持ち続けていた「誰かのためになる、人の助けになる仕事がしたい」という思いを叶えられるのは警察官だと思うようになり、受験しました。 先日、現場での実務研修で初めて交番勤務を経験しましたが、万引き現場や交通事故など、様々な事案を通して、改めて地域を守る大事な仕事なんだと実感しました。 これからもたくさんの経験を積み重ねて、強くもあり、そして道民から愛される警察官になりたいと思います。

2020年4月採用

お問合せContact

北海道警察本部採用センター

フリーダイヤル:0120-860-314

〒060-8520 札幌市中央区北2条西7丁目
Tel.011-251-0110(内線2696/2697)