本文へスキップ

トップページ > 申請・手続き > 交通反則通告制度> 納付期限が切れた後の納付方法

北海道警察本部TEL.011-251-0110

〒060-8520 札幌市中央区北2条西7丁目

納付期限が切れた後の納付方法expired

  納付書の納付期限内に反則金を納付できなかった場合は、新たな「納付書」が必要となります。
 新たな「納付書」は、通告センターで発行します。

納付方法

  1. 通告センターに出頭できる方
     「青キップ」又は「期限が過ぎてしまった納付書」若しくは「運転免許証」を持参してください。
  2. 通告センターに出頭できない方
     青キップで告知された日から40日前後に、反則金相当額と送付費用(839円)を合わせた「納付書」を書留郵便で郵送しますので、納付期限内に所定の金融機関で納付してください。

代理の方が出頭される場合

  •  告知を受けた本人の意思に基づいていれば、代理の方の納付でもかまいません。
  •  「交通違反をした方の青キップ」又は「期限が過ぎてしまった納付書」若しくは「違反をした方の運転免許証等、身分の証明できる物」を持参してください。
  •  トラブル防止のため、代理の方は納付終了後、納付書を受け取った警察署又は交通反則通告センターに戻って、領収印の確認を受けてください。

日中は不在で書留郵便が受け取れない場合

 配達を担当した郵便局からの「不在連絡票」が投函おりますので、その連絡票に従い郵便局に直接取りに行くか、再配達希望日時を連絡して受け取ってください。郵便局の保管期間はおおむね1週間です。

上記1又は2により、納付期限内に反則金を

納付した場合
刑事裁判や家庭裁判所の審判を受けることがなくなり、手続きは終了です。
できなかった場合
刑事訴訟手続き又は少年審判手続きに移行する場合もあります。
令和2年6月
北海道警察本部交通指導課