本文へスキップ

トップページ > 交通安全 > 交通安全運動

北海道警察本部TEL.011-251-0110

〒060-8520 札幌市中央区北2条西7丁目

交通安全運動traffic safety campaign

春の全国交通安全運動(4月6日(月)から4月15日(水)まで)

秋の全国交通安全運動のポスター

年間スローガン

ストップ・ザ・交通事故「めざせ 安全で安心な北海道」

4月6日(月)は、統一行動日(セーフティコール)です

4月10日(金)は「交通事故死ゼロを目指す日」です

7月13日(金)は、飲酒運転根絶の日
飲酒運転の根絶に関する理解・関心を深め、北海道全体で飲酒運転を根絶するための取組を実施します。

春の全国交通安全運動の重点

1.子供を始めとする歩行者の安全の確保

  • 高齢者の皆さんは
     横断歩道や信号機のある交差点が近くにあるときは、その横断歩道や交差点で横断しましょう。
     横断する前、横断中も、左右の安全をよく確認して車に注意しましょう。
     交通安全講習会などに参加し、交通ルールや身体機能の変化などを理解しましょう。
  • 家庭では
     家族が外出するときは、「交通事故に気をつけて」のひと声をかけましょう。
     運転に不安をもつ家族がいる場合は、免許の自主返納についても話し合いましょう。
  • 学校では
     基本的な交通ルールのほか、「ながらスマホ」などの危険性を理解させましょう。
  • 地域・町内では
     街頭啓発や広報活動を通じて、交通ルールの遵守や交通事故防止を呼びかけましょう。

2.高齢運転者等の安全運転の励行

  • 運転者の皆さんは
     子供の飛び出しや、高齢者の道路横断にも対応できる安全な速度で運転しましょう。
     また、信号機の設置されていない横断歩道については、歩行者優先を守り、子供と高齢者の安全な通行を確保しましょう。
  • 高齢運転者の皆さんは
     体調に不安があるときは運転を控えるなど、無理のない運転を心がけましょう。
     交通安全講習会などに参加し、交通ルールや加齢等に伴う身体機能の変化などを理解しましょう。
     安全を確保するため高齢運転者標識(高齢者マーク)を活用しましょう。
  • 家庭では
     運転に不安をもつ家族がいる場合は、免許の自主返納についても話し合いましょう。
  • 地域・町内では
     街頭啓発や広報活動を通じて、交通ルールの遵守や交通事故防止を呼びかけましょう。

3.自転車の安全利用の推進

  • 運転者の皆さんは
     交差点等における一時停止、安全確認を徹底し、自転車との事故を防止するとともに、自転車を追い越すときは、安全な間隔を確保しましょう。
  • 自転車を利用する皆さんは
     自転車も車両として交通ルールを守らなければならないことをよく認識しましょう。
     車道通行が原則(左側端)、歩道通行は例外(歩行者優先)を徹底しましょう。
     乗車用ヘルメットの着用、自転車損害賠償保険等への加入、夕暮れ時は早めのライト点灯に努めましょう。
     イヤホン使用など安全な運転に必要な交通に関する音又は声が聞こえないような状態での運転、傘差し、「ながらスマホ」の片手運転など危険な行為はやめましょう。
  • 家庭では
     自転車の点検・整備に努め、自転車に乗車するときは、乗車用ヘルメットを着用するとともに、自転車損害賠償保険等に加入しましょう。
  • 学校では
     「自転車安全利用五則」や「北海道自転車条例」の周知を図るとともに、イヤホン使用など安全な運転に必要な交通に関する音又は声が聞こえないような状態での運転、傘差し、「ながらスマホ」の片手運転などの危険性についての指導を徹底しましょう。
  • 地域・町内では
     交通安全講習等に積極的に参加するなど、反射材用品やLEDライト等の普及と着用の促進、自転車の交通ルールの遵守とマナーの向上に努め、お互いに自転車の安全利用を呼びかけましょう。

4.全ての座席のシートベルトの着用

  • 運転者の皆さんは
     後部座席を含め、全員がシートベルト・チャイルドシートを正しく着用しているか確認しましょう。
  • 家庭・学校・職場では
     着用しない場合の危険性について理解を深め、全ての座席において、必ず着用するよう習慣付けましょう。
  • 地域・町内では
     街頭啓発や町内会の会合、回覧板など、あらゆる機会を通じて、全ての座席でのシートベルトとチャイルドシートの正しい着用について呼びかけましょう。

5.飲酒運転の根絶

  • 運転者の皆さんは
     飲酒運転は悪質で重大な犯罪であるとの認識を持ち、二日酔い運転を含め、飲酒運転は絶対にやめましょう。
  • 同乗者の皆さんは
     運転者の飲酒状況を確かめ、二日酔い状態も含めて、酒気を帯びている人には、絶対に運転をさせないようにしましょう。(同乗罪に問われる場合があります。)
  • 家庭では
     飲酒運転は悪質な重大犯罪であること、悲惨な事故やひき逃げを起こしてしまう危険な行為であることなどを、家族で繰り返し話し合うなど、飲酒運転を根絶しましょう。
  • 職場・学校では
     定期的に安全教育や指導などを行い、飲酒運転根絶の意識を浸透させましょう。
     ポスター(飲酒運転根絶ロゴマーク使用)等の掲示や、ハンドルキ ーパー運動を推進するなど、継続的に安全啓発や注意喚起を実践しましょう。
     飲酒場所に車で行かないことや、飲酒後の帰宅手段の確認など、飲酒運転をさせないため、お互いに注意喚起のひと声をかけましょう。
  • 【ハンドルキーパー運動】
     自動車で仲間と飲食店などへ行く場合に、お酒を飲まない人(ハンドルキーパー)を決め、その人が仲間を自宅まで送り届ける運動です。
  • 酒類を提供・販売する飲食・販売店の皆さんは
     飲酒運転の悪質・危険性や交通事故の悲惨さを呼びかけ、ハンドルキーパー運動を推進し、飲酒運転を根絶しましょう。
     飲酒運転をしようとしている者を制止し、タクシーや運転代行の利用を促すなどして、飲酒運転を根絶しましょう。
  • タクシー・ 運転 代行業者の皆さんは
     酒類を提供する飲食店や酒類販売店等と協力して、タクシーや運転代行の利用を働きかけ、飲酒運転を根絶しましょう。
  • 地域・町内では
     街頭啓発や町内会の会合、回覧板など、あらゆる機会を通じて、飲酒運転の根絶を呼びかけましょう。
  • 道民の皆さんは
     「飲酒運転をしない、させない、許さない」を徹底しましょう。
     飲酒運転をしている者や、その疑いのある者を発見した場合は、警察に通報しましょう。
  • 【飲酒運転通報システム】
     北海道警察では、110番通報のほか、飲酒運転に関する情報提供を電子メールにより受け付ける「飲酒運転ゼロボックス」をホームページ上に開設しています。

春の全国交通安全運動のチラシデータ(PDF2,460KB)

北海道自転車条例が制定されました(平成30年4月1日施行)

  • 自転車を利用する際はヘルメットの着用に努めましょう。自転車損害賠償保険等に加入しましょう。
  • 自転車の点検整備に努めましょう。

飲酒運転根絶ロゴマークの積極的な活用をお願いします

飲酒運転根絶ロゴマークイラスト

 飲酒運転根絶ロゴマークの使用のご希望の方は公益社団法人北海道交通安全推進委員会のホームページから申し込んで下さい。(原則無料です)

令和2年3月
北海道警察本部交通企画課