本文へスキップ

トップページ > 交通安全 > 交通安全運動

北海道警察本部TEL.011-251-0110

〒060-8520 札幌市中央区北2条西7丁目

交通安全運動traffic safety campaign

秋の全国交通安全運動(9月21日(月)から9月30日(水)まで)

秋の全国交通安全運動のリーフレット表面 秋の全国交通安全運動のリーフレット裏面
秋の全国交通安全運動のリーフレットデータ(PDF 954KB)


年間スローガン

ストップ・ザ・交通事故「めざせ 安全で安心な北海道」

7月13日(月)は、
飲酒運転根絶の日です 道内全域を対象とした地域ぐるみの一斉街頭啓発を実施します。

9月30日(水)は、
交通事故死ゼロを目指す日です

秋の全国交通安全運動の重点

子供を始めとする歩行者の安全と自転車の安全利用の確保

歩行者の交通安全

車両の運転者は横断歩道における歩行者優先のルールを徹底しましょう。
歩行者は交差点では信号確認をして横断歩道でも走行車両がないことを確認してから渡りましょう。

自転車にも交通ルールがあります

自転車安全利用五則を守りましょう

  1. 自転車は、車道が原則、歩道は例外
  2. 車道は左側を通行
  3. 歩道は歩行者優先で、車道寄りを徐行
  4. 安全ルールを守る
  5. 子供はヘルメットを着用

高齢運転者等の安全運転の励行

高齢運転者による事故が多く発生しています

安全運転について家族で話し合ってみましょう。運転免許証を返納する制度があります。
運転に不安を感じたら、警察の安全運転相談窓口で相談してみましょう。

シートベルトはどこに座っても必ず着用

どの座席でも必ず「シートベルト」を着用、6歳未満の幼児は「チャイルドシート」を使用してください。
「チャイルドシート」は、子供の体格に合ったものを正しく使用しましょう。

夕暮れ時と夜間の交通事故防止と飲酒運転等の危険運転の防止

秋の夕暮れの運転には注意をすること

夕暮れ時や夜間の時間帯は、反射材を身につけて自分の位置を知らせることで、事故を防ぐことができます。
夕暮れ時には自動車や自転車の早めのライト点灯を心がけましょう。

お酒を飲んだら運転しない妨害運転をしない

わずかなお酒でも、運転能力・判断能力を鈍らせます。飲酒運転を根絶しましょう。
また、ゆずり合いの気持ちを持って「あおり運転(妨害運転)」はやめましょう。

北海道自転車条例が制定されました(平成30年4月1日施行)

  • 自転車を利用する際はヘルメットの着用に努めましょう。自転車損害賠償保険等に加入しましょう。
  • 自転車の点検整備に努めましょう。

飲酒運転根絶ロゴマークの積極的な活用をお願いします

飲酒運転根絶ロゴマークイラスト

 飲酒運転根絶ロゴマークの使用のご希望の方は公益社団法人北海道交通安全推進委員会のホームページから申し込んで下さい。(原則無料です)

令和2年9月
北海道警察本部交通企画課