本文へスキップ

トップページ > 110番や交番などのパトロール >鉄道警察隊広報紙「広報鉄警」

北海道警察本部TEL.011-251-0110

〒060-8520 札幌市中央区北2条西7丁目

鉄道警察隊広報紙「広報鉄警」

広報鉄警の画像
            

令和2年2月号の主な内容

◆冬道における交通事故の防止

 「急」のつく運転操作は危険!
 急発進、急加速、急ハンドル、急ブレーキといった「急」のつく運転操作はスリップにつながり大変危険ですのでやめましょう。
 スピードダウンと路面状況にあわせた慎重な運転を心がけましょう。
 踏切手前は特に注意!
 凍結路面でスリップして停止しきれず踏切に進入してしまったり、吹雪や大雪などの悪天候で状況を見誤って線路に進入して列車と衝突する「冬型」の踏切事故を防止するため、踏切手前での 運転には、細心の注意を払いましょう
 ストップ・ザ・交通事故 〜めざせ安全で安心な北海道〜  

◆冬道での転倒注意!

 これから北海道も冬本番を迎えますが、歩道や道路以外でも、普段、皆さんが利用する駅の入口や階段、 あるいは列車内においても、床が雪や氷で凍結し、転倒するおそれがあります。
 駅構内や列車内に入る際には、靴の雪を落とすなどして、転倒に注意しましょう。  

◆やめましょう!歩きスマホ!

 お子さんからお年寄りの方まで、ほとんどの方が持っているスマートフォンですが、画面を見ながら歩くいわゆる「歩きスマホ」によって歩行者とぶつかりケガをする事故も毎年増加傾向にあります。
 歩きスマホは、大きな事故を招くおそれがあるので、画面を見ながらの歩行は絶対止めましょう!!

◆すり・置引きに注意!

 2月は札幌雪まつりなどの催しがあり、期間中の駅構内や列車は、旅行客で混雑が予想されます。
 鉄道警察隊は警戒を強化していますが 人が集まる場所では手荷物・貴重品は肌身離さず目を離さないよう注意し、置引きやすりの被害に遭わないように注意しましょう。

◆不審物を発見したら・・・

 駅構内・列車内で不審なカバンや紙袋などを発見したときは、警察官や駅職員に連絡して下さい。また、これらの物件には絶対に触らないで下さい。
 また、自分のカバンなどを長時間放置していると、不審物に間違われることがあるので注意しましょう。


北海道警察本部鉄道警察隊
電話 :011-222-6188