本文へスキップ

北海道警察本部TEL.011-251-0110

〒060-8520 札幌市中央区北2条西7丁目

うっかり失効6か月以内の手続き

受付女性のイラスト
   うっかり失効6か月以内の手続き
 該当するのは、免許の有効期限が切れてから6か月以内の人です。
 有効期限が切れた状態で運転すると無免許運転になります。
  •  受付の締切りは、申請書類を提出された時間となりますので、申請書類の作成時間を考慮し、余裕を持ってお越しください。
  • 区分 運転免許試験場で手続きされる人 住所地の警察署で手続きをされる人
    曜日 月〜金曜日(平日)
  •  土・日曜日、祝日・振替休日及び年末年始(12月29日〜翌年1月3日)は業務を行っておりません。
  •  運転免許試験場の日曜更新窓口では取り扱っておりません。
  • 受付時間
    • 即日交付
      8:45〜11:30
      13:00〜13:30
    • 後日交付(更新時講習など受講済みの人)
      8:45〜12:00 受付
      13:00〜17:00 受付
    • 後日交付
      8:45〜12:00
      13:00〜17:00
     即日、後日交付ともに更新時講習(満70歳以上の人は高齢者講習、満75歳以上の人は認知機能検査及び高齢者講習)などを事前に受講していない人は申請できません。
     ただし、運転免許試験場では、当日実施している更新時講習(高齢者講習を除く。)を受講して申請することができます。
    必要なもの
    •  運転免許申請書(有効期限切れ用)、質問票
       運転免許試験場又は警察署(運転免許試験場所在地の警察署、中央・厚別優良運転者免許更新センターを除く。)に用意しております。
    •  申請用写真 1枚
       申請前6か月以内に撮影した無帽、正面、上三分身、無背景で鮮明なもの
       サイズは縦3センチ×横2.4センチ、白黒でも可
    •  住民票 1通 ※(注意1)
       本籍又は国籍等が記載され、6か月以内に発行されたもの
    •  印鑑(収入証紙の消印用−印鑑がない場合は、署名でも構いません。)
    •  失効した免許証 ※(注意2)
    •  眼鏡など
       適性試験(視力検査など)がありますので、視力に不安のある人は眼鏡(メガネ)などを用意してください。
    •  政令で定める一定の病気などがある場合
       診断書の提出が必要な場合があります。
       運転適性相談の案内をご覧ください。
    手続きの流れ
    1.  受付
    2.  適性試験(視力検査など)
    3.  更新時講習受講(70歳未満の方)
       (一般、違反、初回講習)
      ※講習の区分は当日窓口で確認してください。
      ※講習受講済の人は不要です。
    4.  写真撮影
    5.  免許証交付(即日交付の人のみ)
    1.  受付
    2.  適性試験(視力検査など)
    3.  後日実施している更新時講習受講(70歳未満の方)
       (一般、違反、初回講習)
      ※講習の区分は当日窓口で確認してください。
      ※講習受講済の人は不要です。
    4.  免許証交付(後日)
      ※免許証交付には約1か月かかります。
    手数料 免許種別・講習区分によって異なりますので、申請当日に受付窓口で確認してください。
    (例)中型自動車免許のみを受けていて、講習区分が違反講習の場合
    ・試験手数料 1,900円
    ・交付手数料 2,050円
    ・講習手数料 1,350円
     計 5,300円となります。
  •  複数の免許を受けていた場合は、免許の種類が1種類増えるごとに試験・交付手数料併せて最大2,100円が追加されます。
  •  講習区分は、申請当日に受付窓口で確認してください。
  • 注意1
     住民基本台帳法の適用を受けない人は、必要書類等について、運転免許試験場に問い合わせてください。
    注意2
     紛失・破損などで失効した免許証がない人は、本人であることが確認できる書類(健康保険証・個人番号カード(有効な住民基本台帳カードを含む。)・パスポート・官公署が法令に基づき交付した免許証、許可証又は資格証明書・学生証・会社の社員証などいずれか1種類)

    令和元年8月
    北海道警察本部運転免許試験課