本文へスキップ

トップページ > 署長あいさつ

TEL. 01654-2-0110

〒096-0032 北海道名寄市西2条北1丁目1番地1

署長あいさつ

ご挨拶
 名寄警察署ホームページをご覧の皆様、こんにちは。
 9月に入り、早いもので今年も3分の2が終わってしまいました。
 現在までのところ、当警察署管内では重要事件、交通死亡事故の発生はなく、総じて平穏な状況で推移しております。
 引き続き管内の治安維持に努めて参りますので、警察活動にご理解とご支援のほど、よろしくお願いいたします。

今月のお知らせ
○ 秋の全国交通安全運動の実施
 ⑴「秋の全国交通安全運動」が実施されます!
  ア  運動期間
     9月21日(火)~9月30日(木)の10日間
  イ  運動重点
   ○ 子供と高齢者を始めとする歩行者の安全の確保
   ○ 夕暮れ時と夜間の事故防止と歩行者等の保護など安全運転   
    意識の向上
   ○ 自転車の安全確保と交通ルール遵守の徹底
   ○ 飲酒運転等の悪質・危険な運転の根絶
 ⑵   交通事故防止のポイント
  ア  ドライバーの皆さんへ
     夕方から夜間にかけて、歩行者や自転車の見落としや発見遅れによる交通事故を防ぐために
    、対向車や前車がいない時は、ライトをハイビームに切替えましょう。
     特に、右から横断してくる歩行者に注意をしましょう。
     運転する前に、同乗者全員がシートベルトとチャイルドシートを正しく着用しているか確認
    しましょう。
  イ  歩行者の皆さんへ
     横断前に左右をよく確認しましょう。
     外出する時は、白っぽい服装や反射材を身に付けましょう。
  ウ  飲酒運転は悪質な犯罪です。「飲酒運転をしない、させない、許さない」を徹底し、二日酔
    い運転を含めた飲酒運転を根絶しましょう。
 ⑶   9月30日は、「交通事故死ゼロを目指す日」です!
     一人一人が交通ルールを正しく守り、思いやりのある交通マナ
    で、交通事故死ゼロを目指しましょう。
 ⑷    知っていますか?北海道自転車条例!
  ア  自転車に乗るときは、子供はもちろん大人も乗車用ヘルメットをか ぶり、夜間は自転車の
    側面に反射器材をつけるようにしましょう。
  
イ  万が一に備えて、自転車損害賠償保険等に加入するようにしましょ う。

○ ヒグマによる人身被害の防止
 ⑴ 複数で行動し、音で存在を知らせましょう。
   野山には1人で入らず、複数で行動するようにしましょう。
   入山する時は、クマ鈴やラジオ等を持って、会話しながら、人の存在を知らせましょう。  
 ⑵ ヒグマの出没情報等に気を付けましょう。
   薄暗いときの行動は避け、野山に入る前には、新聞やテレビなどで、ヒグマの出没情報等を確認
  しましょう。
 ⑶ 残飯や生ゴミの処理には注意しましょう。
   ヒグマは、いったんゴミの味を覚えると、それを目当てにゴミ捨て場などに繰り返し出没するよ
  うになります。
   ゴミを野外に放置したり、埋めたりしないようにしましょう。
 ⑷ フンや足跡、食べた跡を見つけたら、すぐに引き返しましょう。
   ヒグマのフンや足跡、草や木などが食いちぎられた跡などを見つけたときは、すぐに引き返しま
  しょう。
 ⑸ 落ち着いて行動しましょう。
   万が一、ヒグマに遭遇した場合は、落ち着いて行動しましょう。
   逃げたり、さわいだり、慌てて行動すると、かえってヒグマを興奮させ、襲われる危険がありま
  す。
   リュックや持ち物の回収はせずゆっくりと静かに立ち去りましょう

                                     令和3年9月1日
                                   旭川方面名寄警察署長
                             今野 昭憲