本文へスキップ

トップページ > 署長あいさつ

TEL. 0158-23-0110

〒094-0013 紋別市南が丘町1丁目5-16

署長あいさつ

 

北見方面紋別警察署長 住田 愼一(すみた しんいち) 

     紋別警察署のホームページをご覧の皆様、こんにちは!

◎ 今年もいよいよ12月、師走を迎えました。
 昨年に引き続き、新型コロナとはまだまだ長い付き合いになりそうですが、根気強く感染防止対策を徹底し、このコロナ禍を乗り越えていきましょう。
 紋別警察署では、歳末を迎えるに当たり各種事件・事故の未然防止を図るため、パトカーによるレッド走行や各種啓発活動など街頭での活動を強化してまいります。 地域住民の皆様が安全に、そして安心して良い年を迎えられるよう署員一丸となって 警察活動を推進して参ります。皆様のご理解・ご協力をよろしくお願い致します。

【今月の重点】
1 雪による事故の防止 落氷雪、除雪等作業中の事故防止  
 ⑴ 早めの氷雪下ろしを    
    例年、屋根からの氷雪の落下により、下敷きになるなどの事故が発生しております。        氷雪が屋根からせり出している軒下などは、危険ですので近づかないようにしましょう。また、氷雪は早めに下ろして、落氷雪による事故を防止しましょう。  
 ⑵ 雪下ろし作業は複数で行い安全確保    
    例年、屋根の雪下ろし中に、ハシゴや屋根から転落する事故も発生しております。         作業するときは、補助者を置くなど複数で行うとともに、転落防止や万一のときに備え、 万全の措置を講じ、自身の安全を確保しましょう。  
 ⑶ 除雪機に注意        
    例年、除雪機による除雪作業中に、衣類を巻き込まれたり、下敷きになるなどの事故も発生    しております。除雪作業時は、作業に適した服装を着用し、エンジンを掛けたまま雪詰まりを取り除くなどの作業は絶対にやめましょう。



2 飲酒運転の根絶
飲む前に ハンドルキーパー 決めたかな  
 ⑴ 飲酒運転は悪質な犯罪!    
   飲酒運転は、悲惨な交通事故を引き起こす悪質、危険な運転行為です。お酒を飲むとわずかな    量でも運転に大きな影響を及ぼし、重大事故を起こす可能性が高くなります。
  二日酔いでの運転も「飲酒運転」です。深酒した後の運転や、身体にアルコールが残っている 場合は、運転は絶対にやめましょう。    
   皆さん一人一人が「飲酒運転をしない、させない、許さない」ことを強く意識して、社会全体 で飲酒運転を根絶する気運を醸成しましょう。
 ⑵ 飲酒運転は、運転者以外も処罰の対象!    
   飲酒運転は、運転者だけではなく、周りの人にも重い処罰があることを知っていますか。車を運転するおそれのある人にお酒を提供したり、お酒を飲んでいる人に車を提供したり、 飲酒運転の車に同乗した場合は、飲酒運転と同様に処罰の対象になります。  
 ⑶ 「ハンドルキーパー運動」で飲酒運転を防止!    
     ハンドルキーパー運動とは、仲間と車で飲食店に行く場合、あらかじめお酒を飲まない人    (ハンドルキーパー)を決め、その人が仲間を自宅まで送り届けることです。お酒を提供する お店の方は、「お客さんが車で来店していないか」、「車で来店している場合は、ハンドルキ ーパーは誰なのか」を確認して、飲酒運転を防止しましょう。
 ⑷ 飲酒運転情報の提供!    
   北海道警察では、悪質な飲酒運転を根絶する目的で、「飲酒運転ゼロボックス」を運用してい    ます。「今まさに、飲酒運転をしそう!している!」等の情報をメールで受付しています。周囲の人が飲酒運転による交通事故の被害に遭わないように、飲酒運転に関する情報や飲酒 運転根絶に向けたアイデアがあれば連絡してください。
   緊急の場合又はすぐに対応が必要な場合は、110番通報をしてください。      


                                              

            令和3年12月1日 
                                   北見方面紋別警察署長
                                   警視   住田 愼一