本文へスキップ

トップページ > 署長あいさつ

TEL. 011-814-0110

〒003-0803 札幌市白石区菊水3条5丁目4番2号

署長あいさつ

4月上旬は、気温が平年値より高い状態が続き、庁舎敷地内の桜は花芽がふくらみ始めています。


道内における新型コロナウイルスの感染者数は、4月18日現在2万2,385人で、全国的には53万4,000人を超えています。

札幌市における感染を徹底して抑え込み、全道への拡大を防ぐため、4月17日(金)から5月14日(金)までの間、感染リスクを回避できない場合、札幌市内においては不要不急の外出を控え、札幌市と他の地域との間では不要不急の往来を控えましょう。

また、できる限り同居していない方との飲食を控えるほか、マスクの着用や手洗いなど感染リスクを回避する行動を更に徹底し、テレワークの推進や時差出勤の活用、接触確認アプリの活用などにより、新型コロナウイルスの感染拡大を防止しましょう。


◎ 春の全国交通安全運動の実施結果

4月6日(月)から15日(水)までの10日間実施された「春の全国交通安全運動」期間中、管内では重大な交通事故の発生はありませんでした。

皆様のご協力ありがとうございます。


◎ 交通事故を防止するために

○ 通学路や交差点等における新入学児童・園児を始めとする歩行者の保護

スクールゾーンを通行する際は、児童などの急な飛び出しに注意しましょう。

歩行者のいる交差点を通過する際は、歩行者の動静に注意し、必要に応じて一時停止や徐行をしましょう。


○ スピードダウンと全席シートベルトの着用

正面衝突や車両単独による交通死亡事故の原因の多くはスピードの出し過ぎです。

法定速度を遵守しスピードの出し過ぎに注意するとともに、後部座席を含めた全座席のシートベルトを着用しましょう。


○ 自転車の安全利用の推進

自転車は原則、車道の左端を通行しましょう。

また、やむを得ず歩道を通行するときは歩行者の妨げとならないよう車道側を徐行して通行しましょう。

自転車は横断歩行を通行できません。

横断歩道を通行するときは自転車から降りて押して歩行しましょう。


○ 飲酒運転の根絶

飲酒運転による痛ましい事故が後を絶ちません。

お酒類を飲んだ後は絶対に運転してはいけません。

また、運転しようとする人に酒類や車を提供した方や飲酒運転の車に同乗した方も処罰の対象となります。

「飲酒運転をしない、させない、許さない」を合い言葉に飲酒運転を撲滅しましょう。


◎ 自転車の盗難被害防止と防犯登録の推進

~自転車には防犯登録とツーロックを~

自転車を利用できる時期となりましたが、同時に自転車が盗難被害に遭う確率も高くなる時期でもあります。

大切な自転車を盗難被害から守るため、備付け錠のほか丈夫なU字型錠などを追加して装備し、ツーロックにしましょう。

また、自宅、駐輪場、わずかな時間の駐輪でも必ず錠をしましょう。

自転車の防犯登録をしましょう。

防犯登録をすると、防犯登録番号や車体番号から持ち主が分かるので、盗難被害に遭った場合でも、被害回復の可能性が高くなります。

防犯登録の手続は、自転車の販売店で行っています。





令和3年4月19日
札幌方面白石警察署長
大瀬 昇

ナビゲーション

バナースペース