ホーム  統計  シートベルト非着用死者の実態(過去5か年)                

平成24年〜28年
シートベルト非着用死者の実態(過去5か年)
警察本部交通企画課 事故分析

全席シートベルトの確実な着用を

 平成24年から平成28年までの5年間に北海道内で発生した交通死亡事故死者のうち、四輪乗車中死者の年別シートベルト着用・非着用状況、非着用死者の生存可能性状況は下表のとおりです。
過去5年間のシートベルト着用・非着用状況、非着用死者の生存可能性状況の表
 
 「生存可能性がある」とは、当事車両の破損状況等から生存空間が認められ、シートベルトを着用していたならば、生存していたと推測されることをいいます。

過去5年間のシートベルト着用・非着用状況、非着用死者の生存可能性状況の図
 
 着用していれば、助手席は7割以上・後部座席は8割近く生存していた可能性がある。全席確実な着用を!
ホームへ戻る