ホーム  交通安全  身体障害者用車いすの確認申請手続き

身体障害者用車いすの確認申請手続き
 
身体障害者用の電動車いすって?
 みなさんは、原動機を用いる身体障害者用の車いすの基準について、ご存じですか?
 街で見かける、いわゆる電動車いすは、道路交通法施行規則 第1条の4第1項第1号により、その大きさの基準が
長さ 120 センチメートル以下
70 センチメートル以下
高さ 109 センチメートル以下
 と定められ、同項第2号では、
原動機は、電動機を用いること。
速度6キロメートル毎時以下であること。
鋭利な突出がないこと。
外観が他の車両などと明確に識別できること。
となっていて、この基準に該当する電動車いすを使用する人は、道路交通法第2条第3項で歩行者として扱われています。
 
確認が必要な車いすって?
 身体に障害のある人が、電動車いすを使用する場合に
 下肢が曲がらないため足を支える器具が必要な場合
 頚部を支えるためヘッドレスが必要な場合
 片足が不自由なものの、もう一方の足が正常な場合で、足漕式人力併用の車いすを使用する場合
など、補助器具類を常時取り付ける必要があり、その結果、大きさの基準がオーバーしてしまう場合は、地元の警察署への届出が必要となります。
 各警察署では、取り付けられた補助器具類が、『必要やむを得ないもの』かどうか審査します。

 「必要やむを得ないもの」とは、障害により補助器具類を取付けなければ車いすを使用できない場合で、医学的な理由が必要です。
 単に、買い物の際に便利だからといって、カゴを取付けることや、日よけを取り付けるなどの行為は、やむを得ないとは言えないでしょう。

申請の手続き・流れ
(1)  申請先 
 確認申請書にあらかじめ必要事項を記入して、最寄りの警察署に届出してください。
 (申請者は、使用者本人又は、委任を受けた代理人)
(2)  申請内容の審査
 申請書のほかに、現車をお持ちください。
 現車をお持ちになれない場合や代理人の申請の場合は、
 □  医師などが作成する、補助器具を装着することが必要やむを得ないとする内容が記載された理由書。
 □  基準外となる補助器具類を取り付けた電動車いすのメーカーなどの仕様書(4面図)。
を準備して提出してください。
 
(3)  確認証の交付
 審査の結果、後日、申請した警察署から確認証が交付されます。
 
電動車いすの写真−1


電動車いすの写真−2
注意事項
 確認を受けずに基準をオーバーする電動車いすを利用している場合は、歩行者とはみなされません。(公道での利用はできません。)

 必ず確認申請をするか、不要な部品を取り外して利用してください。
申請書類など
 ☆ 確認申請書
 ☆ 自治体用通知書
     申請用紙のダウンロード >>>
 【問い合わせ先】
  各警察署交通窓口
  各方面本部交通課
  北海道警察本部交通企画課  電話 011−251−0110 (内線 5025)
平成23年1月
北海道警察本部交通企画課