ホーム  交通安全  基本はハイビーム走行 この記事のPDF版(469KB)を見る

基本はハイビーム走行

 夜間、車両を運転する際、ライトはハイビーム(走行用前照灯・遠目のライト)で走行することが基本です。
 ただし、他の車両等と行き違う場合、または他の車両等の直後を進行する場合で、他の車両等の交通を妨げるおそれのあるときは、ロービーム(すれ違い用前照灯・近目のライト)で走行しなければなりません。
(道路交通法第52条第2項)
ヘッドライトを点灯した車の絵 ハイビームとロービームの違い 稲妻の絵
夜間、50b先を照射すると・・・
【ロービーム】 【ハイビーム】
見えないと言っている犬の絵 ロービーム時の見え方の写真 ハイビーム時の見え方の写真 見えたと言っている犬の絵
ライトが光っている絵
ハイビームとロービームでは、保安基準上、照射範囲が2倍以上違います。
 ハイビーム(走行用前照灯・遠目のライト)
ハイビーム照射範囲約100メートル!
 ロービーム(すれ違い用前照灯・近目のライト)
ロービーム照射範囲約40メートル!
こまめにハイビームとロービームをきりかえる→歩行者・自転車を早期発見→早く危険回避措置が可能に→交通事故防止
※ 歩行者・自転車側もライトに照らされることで車に気づくことができる。
平成28年9月
北海道警察本部交通企画課

ボタン−前へもどる交通安全情報へ      ホームへもどるボタン−ホームヘ