ホーム > 安全な暮らし > 災害等危機管理と警察活動

災害等危機管理と警察活動

   災害に対する知識    災害対策に取り組む警察活動

 はじめに
警察犬が捜索活動行っている写真

北海道警察では、
 「犯罪や事故のない安心して暮らせる北海道の実現」
を基本理念として、活動重点の一つである
「災害等の危機管理対策」
を強力に推進しております。
  北海道は、過去5年間で震度5弱以上の地震が6回発生しており、我が国でも大規模地震の多発地域となっております。
 また、多数の活火山を有し、火山噴火予知連絡会が「火山防災のため監視・観測体制の充実等の必要がある」として選定した9火山があるほか、四方を海に囲まれ津波による災害発生の危険性が高い地理的条件にあり、日頃から災害への備えが必要です。

住民の方が避難している写真 災害による被害を最小限に抑えるためには、行政による「公助」はもとより、道民の皆さんによる「自助」、自治会や企業・団体の「共助」の対応が大変重要となります。
  北海道警察においても、効果的な災害警備が出来るよう各種訓練を実施して、災害が発生したときには被害の拡大防止に努めております。
  災害に備え、今一度、家庭や学校、職場、地域における災害対策について、考えておく必要があります。

災害時要援護者への支援
 要配慮者とは、災害対策基本法で規定する高齢者、障がい者、乳幼児など、災害から自らを守るため安全な場所に避難する際に、特に配慮を必要とする人たちのことをいいます。 避難場所(体育館)のイラスト
 平素から
 自分の住む地域に高齢の方や障がいのある方など、災害時に配慮の必要な要配慮者がいることを理解しましょう。
要援護者が搬送している写真  災害発生時
 自分の身の安全を確保できたら、町内会や自治会と協力し、地域の要配慮者に声を掛けて一緒に避難しましょう。


 ご協力を
北海道警察シンボルマスコット「ほくとくん」のイラスト 北海道警察では、各種災害発生時には、人命を最優先とした救出救助、地域住民の避難誘導、交通規制などの警察活動を実施しています。土砂崩れや道路の損壊などの状況を見たり、聞いたりしたときは、直ちに110番通報、又は最寄りの警察署、交番・駐在所などへ通報してください。
平成29年3月
北海道警察本部警備課