ホーム  総合案内  今月の話題

夏山の遭難防止
本部長の写真 初夏を感じさせる爽やかな風が吹き抜け、北海道も観光シーズンの幕開けとなりました。
 アウトドアブームや健康志向で、登山者人口がますます増えつつある中、北海道警察では山岳パトロールの実施や、ホームページによる安全登山情報の発信を行い、山岳遭難の防止を広く呼びかけております。



 本格的な登山シーズンを迎えるにあたり、これからの北海道の山を安全に登山する上で注意すべき点についてお話しします。
ハイキングをしているほくとくんのイラスト 道内における過去5年間の山岳遭難発生状況を見ますと、6月から8月にかけての山岳遭難の発生は、3か月間で全体の4割以上を占めています。
 遭難発生の原因別では、道迷い、転倒、滑落が全体の約6割で、事前の登山計画に無理があったり、体力や技術、装備が不十分であった事案も散見されるほか、油断や過信が事故を招く場合もあります。



 北海道は緯度が高いことから、標高2,000メートル級の山でも気候は本州の3,000メ ートル級の山に匹敵するといわれ、夏でも山中では気温が0度近くまで下がることもあります。
登山届け提出しましたか?
○十分な装備と自分の力量に応じたゆとりある計画
○万一のために携帯電話や無線機などの携行
○ヒグマとの遭遇を避けるための鈴などの携行
○警察署や交番、駐在所等への登山計画書の提出

などに留意し、安全で楽しい登山をしてください。 





平成29年6月
北海道警察本部長 北村 博文