本文へスキップ

北海道警察本部TEL.011-251-0110

〒060-8520 札幌市中央区北2条西7丁目

本部長今月の話題Topic of the general manager this month

本部長の写真

北海道警察本部長 和田 昭夫

平成30年2月「サイバー犯罪の被害防止」

 酷寒の日が続きますが、日脚が少しずつ伸びて、暦の上では春を感じる時節になってきました。
 政府では、毎年2月1日から3月18日までの間を「サイバーセキュリティ月間」と定めており、北海道警察も、サイバー犯罪の被害防止に向けた広報啓発活動を重点的に推進しています。

 昨年11月に内閣府から「治安に関する世論調査」の概要が発表されました。
 この調査は、治安に関する国民の皆様の意識を把握する目的で、18歳以上の日本国籍を有する方を対象に全国で実施されています。
 調査結果によると 
  • 不安に感じる場所はどこか
    第1位・・・インターネット空間      61.1%
  • 不安を感じる犯罪は何か
    第1位・・・インターネットを利用した犯罪 60.7%
  • 警察に取り締まって欲しい犯罪は何か
    第1位・・・インターネットを利用した犯罪 51.2%
となっており、国民の皆様がインターネット空間で起こる犯罪に対して非常に不安を感じていることが分かります。
 今や、インターネットの普及率は8割を超え、国民の多くがインターネット上で買い物をしたり、メールやSNSで交流したりと様々なサービスを利用しています。パソコンがウィルスと戦っているイラスト
 その一方で、ショッピングサイトを舞台とした詐欺事件やアカウントの乗っ取りなどの被害に遭う方も多く、次々と新たな手口が生み出されているサイバー犯罪の現状を踏まえると、インターネットを利用する方なら誰でも犯罪に巻き込まれるおそれがあると言えます。
 北海道警察では、引き続き、インターネット空間の安全を確保するため、取締りや防犯活動に取り組んでまいります。皆様におかれましては、サイバー犯罪の被害を防止するため、「不審なサイトを利用しない。」「ウイルス対策ソフトを使用する。」などの基本的な対策に努めていただきますようお願いします。