本文へスキップ

北海道警察本部TEL.011-251-0110

〒060-8520 札幌市中央区北2条西7丁目

本部長今月の話題Topic of the general manager this month

本部長の写真

北海道警察本部長 和田 昭夫

平成30年11月「社会全体で犯罪被害者を支える」

 「平成30年北海道胆振東部地震」において被災された皆様に心からお見舞いを申しあげます。尊い生命や築き上げた財産を失い、一変した生活の立て直しのため懸命に立ち向かう方々、自らも被災しながら救援に当たられている方々など、被災地の皆様の辛労辛苦は筆舌に尽くしがたいものでありますが、被災を免れた一人一人が共感し、支えていくことが求められています。

 さて、被災と同様に突然被害に遭った犯罪被害者についても、周囲の方々が当事者に共感しながら支えることの重要性は共通しています。
 今月は、11月25日から12月1日までの1週間が「犯罪被害者週間」となっております。
 また、その初日である11月25日は、今年「北海道犯罪被害者等支援条例」が制定されたことを契機として定められた「北海道犯罪被害を考える日」でもあります。この機会に道警察では、犯罪被害者等への支援と理解の必要性について、道民の皆様に一層目を向けていただくよう、様々な取組を行うこととしています。

 犯罪被害者等を支援する活動は、捜査や裁判の各段階において公的な機関によって行われるもののほかにも、
犯罪被害者等支援シンボルマークギュっとちゃんのイラスト
  •  被害者の身近な人間関係の中で行われる日常的なサポート
  •  被害者が所属する学校や職場において行われる配慮
  •  市町村が住民サービスの一環として行うもの
  •  民間支援団体による相談や支援
があります。さらにそれだけでなく、
  •  憶測や根拠のない情報に基づき被害者をおとしめるような書き込みをネットで拡散させるといった被害者の二次被害につながる行為をしない
  •  被害を風化させたくないという犯罪被害者等の思いを聴き、被害者を生まない意識を高める
などといった私たち一人一人が取り組める活動もあります。

 道警察では、被害者支援要員の活用や各種情報の提供を適切に行うなど、捜査における被害者の負担を軽減し、二次被害を生じさせないよう配慮に努めてまいります。
 道民の皆様におかれましても、犯罪被害者やそのご家族が、心無い言動やプライバシーの侵害などによる二次被害に遭うことなく、状況により変化する生活面等での不安が一つずつ解消され、再び安心して暮らすことができるために、様々な方法で支援活動に関わっていただけますようよろしくお願いします。