本文へスキップ

北海道警察本部TEL.011-251-0110

〒060-8520 札幌市中央区北2条西7丁目

本部長今月の話題Topic of the general manager this month

本部長の写真

北海道警察本部長 北村 博文

平成29年8月「大雨などの災害への備え

 北海道も夏本番を迎えます。皆様方におかれましては、ご家族での旅行など様々なご予定をたてていることと思います。この夏、素晴らしい思い出をつくっていただけるよう、道警察では引き続き安全・安心なまちづくりにつとめてまいります。
 今月は「災害に対する備え」についてのお話です。

 この時期は、天気の急な変化による災害の発生に気をつけなければならない季節です。昨年は、8月半ばから本道に4つの台風が連続して上陸、接近し、大雨の影響で大きな被害が発生しました。
 こうした被害を未然に防ぎ、又は減らすために、気象台ではホームページなどで防災に関する気象情報を提供しています。また、自治体が出す避難情報の名称が、これまでの「避難準備情報」から「避難準備・高齢者等避難開始」に、「避難指示」から「避難指示(緊急)」にそれぞれ変わり、より意味のわかりやすいものとなりました。こうした防災に関する情報についてはこまめに確認していただき、災害に備えた早めの対応を心がけていただきたいと思います。
 災害は大雨だけではありません。7月には、安平町で震度5弱の大きな地震があったほか、道内には数多くの「活火山」が分布しており、こうした地震・津波や火山噴火といった災害は、いつ起こるか予想ができません。
 突然の災害から身を守るためには、何より「備え」が大切です。防災情報を確認する以外にも、例えば
  • 避難所の位置や避難経路の確認
  • 浸水により屋外への避難が危険な場合の、住宅内の高い場所へ避難する要領(垂直避難)の確認
  • 非常持ち出し品の準備や災害伝言ダイヤルの活用など家族との連絡手段の確認
  • 登山を行う際の登山届の提出
などがあり、日頃からご家族でよく話し合っていただきたいと思います。
 もしも災害が起きたとき、又は起きそうなときには早めの避難を心がけ、警察官などの指示に従って落ち着いて行動していただきますようお願いいたします。
 8月が皆様方にとって素晴らしい月となることをお祈りいたします。