本文へスキップ

トップページ > 子供・女性の安全対策 >ストーカーからあなたを守るために

北海道警察本部TEL.011-251-0110

〒060-8520 札幌市中央区北2条西7丁目

ストーカーからあなたを守るために

ストーカーからあなたを守るためにというタイトルイメージ








自己防衛のポイント 1 ストーカーと完全に接触を断つ 2 ストーカー行為の証拠を残す 3 戸締まりは入念に 4 個人情報の管理に気をつける 5 身の危険を感じたらためらわず110番


「つきまとい等」とは・・・
 あなたに対する恋愛感情などの好意の感情、その感情が満たされなかったことへの怨みなどの感情を充足させる目的であなたやあなたの身近な人(配偶者、親族など)に8つのパターンに類型化された行為をすることをいいます。
「ストーカー行為」とは・・・
 同一の者に対し、つきまとい等を繰り返し行うことをいいます。なお、8つの行為類型のうち、パターン1から5までの行為がストーカー行為にあたるのは、身体の安全、住居などの平穏もしくは名誉が害され、または行動の自由が著しく害されることになるかもしれない、という不安を覚えさせるような方法により行われる場合に限定されています。


パターン1 つきまとい・待ち伏せ・押しかけ
パターン1のイメージ
  •  あなたを尾行し、つきまとう
  •  通勤途中などあなたの行動先で待ち伏せする
  •  あなたの進路に立ちふさがる
  •  あなたの自宅や職場、学校などの付近で見張りをしている
  •  あなたの自宅や職場、学校に押しかける
  •  あなたの自宅や職場、学校などの付近をみだりにうろついている
自己防衛対策
 つきまといは、暴行や強制わいせつなどの重大犯罪にエスカレートするおそれがあります。
  • 不安なときは、タクシーなどを利用する
  • 防犯ブザーを携帯する
  • 一人で悩まず、警察や信頼できる人に相談する
  • 携帯電話は、いつでも110番できるようにしておく
  • 万一の場合は、警察や近隣の人に助けを求める
  • 防犯ステーションへのかけこみ

  • 女性の一人暮らしの場合には
  •  ドアや窓には二重錠とドアスコープを
  •  ドアを開けるときは周囲に注意を
  •  不審者がいるときは助けを呼ぶ
  •  ストーカー対策は、早期解決がポイントです。
     つきまとわれたときは、すみやかに対策を!


    パターン2 監視していると告げる行為
    •  その日の服の色やどのような行動をしたかなどをあなたに告げ、監視していることを気づかせるパターン2のイメージ
    •  帰宅した直後に「お帰りなさい」などと電話する
    •  あなたがよくアクセスするインターネット上の掲示板に、上記の内容などの書き込みを行う
    自己防衛対策
     ストーカーは、あなたを監視し、その監視内容をあなたに告げます。
  • 状況・内容をメモし、警察へ

  • 女性の一人暮らしの場合には
  •  すりガラスでもカーテンをつける
  •  カーテンは厚手のものを利用する
  •  在宅中はカーテンをきっちり閉める
  •  自分が部屋にいることが外から見えないような工夫を!

    パターン3 面会・交際の要求
    •  あなたが拒否しているにもかかわらず、面会や交際、復縁を求めるパターン3のイメージ
    •  贈り物を受けとるようにあなたに要求する
    自己防衛対策
     ストーカーは、しつこく面会や交際を迫ります。
  • はっきりと拒否の姿勢を示す
  • 警察や信頼できる人に相談する
  •  自分の意志をはっきり伝えて警察に連絡しましょう

    パターン4 乱暴な言動
    •  あなたに、大声で「バカヤロー」などの粗野な言葉を浴びせるパターン4のイメージ
    •  あなたの家の前で大声を出したり、車のクラクションを鳴らしたりするなど乱暴な行動をする
    自己防衛対策
     ストーカーは、交際などの要求を拒まれると、乱暴な言動をとります。
  • 危険を感じたときは、防犯ブザーや携帯電話で助けを求める
  • すみやかに警察に相談する
  •  常に防犯ブザーなどを身につけるようにしましょう

    パターン5 無言電話、連続した電話、ファクシミリ、電子メール
    •  電話をかけてくるが、何も告げず、あなたに不安を感じさせるパターン5のイメージ
    •  あなたが拒否しているにもかかわらず、携帯電話や会社、自宅に何度も電話をかけてくる
    •  あなたが拒否しているにもかかわらず、何度もファクシミリを送信してくる
    •  あなたが拒否しているにもかかわらず、何度も電子メールを送信してくる
    •  あなたが拒否しているにもかかわらず、何度もSNSの書込みをされたり、メッセージを送信してくる
    自己防衛対策
     ストーカーは、電話、ファクシミリ、電子メール、SNSを使って執拗にいやがらせ行為をします。
  • 「警察に訴えます」とはっきり伝える
  • 電話会社に相談する (様々な対応策を教えてくれます)
  • ナンバー・ディスプレー機能付き電話を設置する
  • 着信拒否設定などの機能を活用する
  •  ストーカーはあなたの過剰な反応を楽しむ場合が少なくありません

    パターン6 汚物などの送付
    •  汚物や動物の死体など、あなたに不快感や嫌悪感を与えるものを自宅や職場に送りつけるパターン6のイメージ
    自己防衛対策
     ストーカーは、汚物や動物の死体などを送りつけ、いやがらせ行為をします。
  • すぐに警察に届け出る
  • 届いた時間と内容などをメモする
  • 送り主の不明な届け物などは受け取りを拒否し、開封せずに送り返す

  • パターン7 名誉を傷つける
    •  あなたを中傷したり、名誉を傷つけるような内容を告げたり、文書などを届けるパターン7のイメージ
    自己防衛対策
     ストーカーは、相手を中傷することで精神的に追いつめようとします。
  • 状況を記録し、中傷ビラ・インターネット文書などはすべて保存する
  • 警察や信頼できる人に相談する

  • パターン8 性的しゅう恥心の侵害
    •  わいせつな写真などを自宅に送りつけたり、インターネット掲示板に掲載するパターン8のイメージ
    •  電話や手紙で、卑猥な言葉を告げ辱めようとする
    •  望んでもいないのに性的に恥ずかしいと思う持ちを起こさせて精神の平穏を害する(「わいせつ」まで至らないものも含まれる)
    自己防衛対策
     ストーカーは、あらゆる手法であなたを辱めようとします。
  • 住所、電話番号、メールアドレスなどの個人情報の管理は慎重に!
  • 送りつけられたものを持って警察へ相談する
  •  警察をはじめ、信頼できる人に相談しましょう

    ストーカー事案の対応の流れ(クリックすると流れ図が表示されます)

    平成29年6月
    北海道警察本部 生活安全企画課