ホーム > 総合案内 > 北海道警察学校の紹介 > カリキュラム


 カリキュラム
〜警察官としての必要な基本を集団生活の場で学び、道民の安全で安心な暮らしを確保するため、警察官としてのマインドとスキルを涵養します。〜
 職務倫理
 警察官として求められる倫理観や使命感を培い、円満な良識と豊かな人間性を育成するための訓育や部外講師の講義などにより幅広い教養を身に付けます。 写真〜講堂での座学風景 写真〜部外講師の授業風景
 法学
 憲法、行政法、刑法、刑事訴訟法、民法、法学概論など、警察官の職務に不可欠な法学の基礎的知識を習得するほか、刑法では適用条文の判断、刑事訴訟法では逮捕手続きなど、事例研究や書類作成などの実務に即した授業も行われます。 写真〜一般教場での授業風景1 写真〜一般教場での授業風景2
 基本実務
 刑事・生活安全・地域・交通・警備・情報通信など、警察各部門の職務内容を学ぶほか交番勤務の実習を行い、地域警察活動の基本となる実務を修得します。 写真〜職務質問の実習 写真〜交通警察の実習
 基本実務の授業内容を見る>>>
 術科
 警察官として力強い職務執行ができるように柔道又は剣道のいずれかを選択して訓練を行います。
 また、犯人を制圧・逮捕するために必要な逮捕術や拳銃操法をはじめ、基礎体力の向上や救命処置を行うことができるよう体育や救急法訓練のほか部隊活動や規律を錬成するための警察礼式等の特別な訓練も行っています。
写真〜逮捕術の訓練 写真〜警察礼式

平成28年9月
北海道警察学校