本文へスキップ

トップページ > 署長あいさつ

TEL. 0123-42-0110

〒066-0042 千歳市東雲町5丁目61番地

署長あいさつ


 皆さん、おはようございます。こんにちは。こんばんは。
 本年は新型コロナウイルス感染症に注意しながらの例年とは違ったお正月となり、また、連日厳しい寒さが続いております。
 皆様におかれましては、いかがお過ごしでしょうか。

□ 「暗証番号を教えない」「キャッシュカードを渡さない」
   ~ 特殊詐欺の被害を防止しましょう ~
 ◇ 令和2年の特殊詐欺被害状況
    昨年の千歳警察署管内における特殊詐欺の被害状況は、被害件数11件、
   被害額約3,300万円と、一昨年の5件、約500万円に比べ大幅に増加してい
   ます。
 ◇ 特殊詐欺の主な手口
    市役所、警察署職員等をかたって電話をかけ、「還付金がある」などと
   嘘を言って、キャッシュカードの暗証番号を聞き出し、その後、金融機関
   職員等を装った犯人が被害者宅を訪れてキャッシュカードをだまし取ると
  いうものです。
   昨年中、この手口が千歳市内で4件、恵庭市内で4件発生しています。
 ◇ 特殊詐欺の被害を防止しましょう
  〇 警察や自治体が電話で暗証番号を聞き出すことはありませんし、自宅の
   玄関口までキャッシュカードを取りに行くこともありません。
  〇 警察署では、「暗証番号を教えない」「キャッシュカードを渡さない」
   をスローガンに広報を行っているところでありますが、高齢のご家族の
   いる方はご家族にもお知らせしていただくとともに、このような電話を
   受けた際には、すぐに警察に通報するようにお願いします。

□ 落氷雪、除雪等の作業事故を防ぎましょう! 
 ◇ 早めの氷雪下ろしを

    屋根からの氷雪の落下により、下敷きになるなどの事故が発生しており
   ます。氷雪が屋根からせり出している軒下などは、危険ですので近づかな
   いようにしましょう。
 ◇ 雪下ろし等の作業は複数かつ安全確保
    屋根の雪下ろし作業中に、ハシゴや屋根から転落する事故も発生してお
   ります。作業するときは、補助者を置くなど複数で行うとともに、転落防
   止や万一のときに備え、万全の措置を講じ、自身の安全を確保しましょう。

□ ストップ・ザ・交通事故
 ◇ 運転手の皆様へ
  〇 余裕を持った運転を

     冬道は天候状況や積雪による渋滞が発生するなど到着するまでに時間
    がかかります。目的地までの天気や道路状況を事前に把握して、時間に
    余裕を持って出発しましょう。
  〇 スピードダウンと慎重な運転を
     冬道では、スリップによる正面衝突の交通死亡事故が多発しています。
    スピードダウンと路面状況にあわせた慎重な運転に心がけましょう。
  〇 交差点に注意
     雪山で見通しが悪い交差点などでは、「車が来ているかもしれない」
    「歩行者が横断しているかもしれない」と危険を予測して、徐行と安全
    確認を徹底しましょう。
 ◇ 歩行者の皆様へ
  〇 冬期間は、道路が凍結し、歩行者も車両も滑りやすい状態となります。
    また、雪山や地吹雪により、車両の運転手からも歩行者の姿が見づらくなります。
    危険な乱横断は、絶対にやめましょう。
【問】 
    問題です。
     「ちょっとそこまで行くだけだから大丈夫だろう」
     「車通りが少ないから、車は来ないだろう」  
     「車から自分が見えていて、止まってくれるだろう」
   と思い、少しの距離であれば、ルールを守らなくても交通事故に遭わな
   いでしょうか?
【答】
    何度もやっていると必ず交通事故に遭います!!
    「交通事故に遭わないだろう」と思い、ルールを守らないことは大問題
   です。

□ 冬の災害に備えましょう
 ◇ 過去の暴風雪 

   千歳警察署管内の降雪量は、山間部を除けば比較的少なく、長期積雪の
  はじまりも遅い傾向にありますが、千歳市では、平成20年2月に台風並み
  の低気圧が発達した影響で、最大風速20メートルの風と約40センチメート
  ルの降雪を伴う暴風雪が発生しました。
   このため、ホワイトアウトが発生したほか、郊外の道路では1メートル
  を超える吹きだまりができ、200台以上の車両が立ち往生しましたが、け
  が人はいませんでした。
 ◇ 大雪・暴風雪等が予想されるときは
  ○ 不要不急の外出は避け、懐中電灯、携帯ラジオ、食料、飲料水等を準備
   しましょう。
  ○ できる限り車両の運転は避けましょう。
    やむを得ず車両を運転する場合は、次の点に注意しましょう。
  〇 事前に気象情報、道路情報等をよく確認しましょう。
  〇 防寒着、長靴、手袋、カイロ、スコップ、牽引ロープ、飲料水、非常食等
   を準備し、道路状況に応じた無理のない運転に努めましょう。
  〇 万が一、車両が立ち往生した場合は、早期に救助を依頼しましょう。
    車両内で待機するときは、マフラー周辺の定期的な除雪や換気による
   一酸化炭素中毒の防止に努めましょう。
  〇 やむを得ず車両を離れる場合にはドアロックをせず、キーを車内の目立つ
   場所に残しましょう。

   千歳警察署では、北海道警察の基本理念である「犯罪や事故のない安心して暮らせる北海道の実現」を目指し、管内が「笑顔の絶えない街」となりますよう、治安維持のための活動と地域の発展に貢献できる活動に取り組んで参りますので、皆様には引き続き、警察署に対するご理解とご協力をお願い申し上げます。

令和3年1月
千歳警察署長 田辺 康弘