ホーム  総合案内  今月の話題

犯罪や事故のない安心して暮らせる北海道の実現
 
HPのロゴ
 明けましておめでとうございます。
 新春を迎え平素の御厚情を感謝し
 道民の皆様の御多幸を心よりお祈り申し上げます。
 昨年の道内における治安情勢は、犯罪の認知件数が、戦後最少であった前年を更に下回り、検挙の面でも、重要犯罪の検挙率が前年を上回るなど改善傾向にあります。また、交通事故死者数についても158人と、前年に比べ19人の減少となり、これは昭和25年以降、最も少ない結果となりました。
 これは多くの道民の皆様から御理解と御協力をいただいた結果であると感謝しております。

 しかし、その一方では、相次いで発生している凶悪事件、暴力団の対立抗争、飲酒運転等の悪質・危険な運転による交通事故等が道民の皆様に不安を与えており、ストーカー・配偶者暴力事案を始めとする人身安全関連事案、振り込め詐欺を始めとする特殊詐欺及びサイバー犯罪等も、なお深刻な被害が続いています。

 道警察では、基本理念である「犯罪や事故のない安心して暮らせる北海道の実現」に向けて、本年も、昨年に引き続き「強く・正しく・誠実に」を活動指針に、
 ○犯罪の起きにくい社会づくり
  〜子供、女性、高齢者等の犯罪被害防止〜
 ○重要犯罪等の徹底検挙
 ○暴力団等犯罪組織の壊滅と薬物・銃器犯罪の根絶
 ○交通死亡事故の抑止と安全な交通社会の実現
 ○災害等の危機管理対策の強化とテロの未然防止
を活動重点とし、組織の総力を挙げて治安の維持に取り組んでまいりますので、なお一層の御理解と御協力をお願いいたします。

平成29年1月
北海道警察本部長 北村 博文