ホーム  総合案内  今月の話題

春の全国交通安全運動の実施
本部長の写真  雪解けとともに、ようやく北海道にも春眠快い季節が巡ってまいりました。
 この時期は、大勢の子供たちが希望を胸に小学校への入学を楽しみにしております。
 ドライバーの皆様は、子供たちの「急な飛び出し」があることを予測して、スピードダウンと左右の安全確認を十分行っていただき、歩行者を優先した思いやりのある運転をお願いいたします。

 今月は、6日(木)から15日(土)までの10日間、「春の全国交通安全運動」が実施されます。

 交通安全運動の重点は、   交通安全運動に参加する子供達の写真
 
 子供と高齢者の交通事故防止
    〜事故にあわない、おこさない〜
   ○  歩行中・自転車乗用中の交通事故防止
 (自転車については、特に自転車安全利用五則の周知徹底) 
   ○  後部座席を含めた全ての座席のシートベルトとチャイルドシートの正しい着用の徹底
   飲酒運転の根絶 
の4点となっており、期間中は交通安全関係の団体の皆様をはじめ、交通ボランティアや地域の方々が連携して、広く交通安全の呼びかけを行います。
 道警察では、この4つの運動重点に沿って、重大な交通事故に直結する悪質・危険な交通違反に対する指導取締りを強力に推進するほか、関係機関・団体の皆様と一緒に、飲酒運転の根絶やシートベルト全席着用など交通事故を防止するための広報・啓発活動を行ってまいります。
 皆様方におかれましても、この運動を機会に今一度、地域や家庭において、交通ルールの遵守と正しい交通マナーについてご確認いただき、「交通事故にあわない、おこさない」を合い言葉にして、北海道から悲惨な交通事故が1件でも減少しますよう、引き続きご協力のほどよろしくお願いいたします。

平成29年4月
北海道警察本部長 北村 博文