本文へスキップ

北海道警察本部TEL.011-251-0110

〒060-8520 札幌市中央区北2条西7丁目

本部長今月の話題Topic of the general manager this month

本部長の写真

北海道警察本部長 和田 昭夫

平成30年12月「飲酒運転の根絶」

飲酒運転根絶ロゴマーク 師走を迎え、皆様におかれましては何かとお忙しい毎日を送られているのではないでしょうか。この時期は忘年会など飲酒の機会も増えることと思いますが、絶対にしてはならないのが飲酒運転です。
 今月は「飲酒運転の根絶」についてのお話です。

 北海道では、小樽市で海水浴場帰りの女性4人が死傷した飲酒ひき逃げ事故や、砂川市で家族5人が死傷した飲酒事故を踏まえ、平成27年12月1日に「北海道飲酒運転の根絶に関する条例」が施行され、3年が経過したところです。
 しかしながら、今年10月末までに飲酒運転に伴う人身交通事故は103件(死者10人、負傷者138人)発生しているなど、依然として危険な飲酒運転が後を絶たない現状にあります。

 飲酒運転は、悪質で重大な犯罪であり、悲惨な交通事故が被害者にも加害者にも大きな不幸をもたらすことを改めて御認識いただきたいと思います。


 道警察では、12月を飲酒運転の根絶月間として、飲酒検問や「飲酒運転ゼロボックス」等に寄せられた飲酒運転情報などによる徹底した取締りのほか、「飲酒運転をしない、させない、許さない」を基本理念として、関係機関・団体の皆様と連携した広報・啓発活動や「ハンドルキーパー運動」等の推進に取り組んでまいります。皆様におかれましては、飲酒運転根絶への御理解とともに、今後も安全運転に心掛けていただきますようお願いします。

 本年、道民の皆様には、警察業務に御協力いただきましたことに深く感謝申し上げますとともに、どうぞ健やかな新年をお迎えになられますようお祈り申し上げます。