本文へスキップ

北海道警察本部TEL.011-251-0110

〒060-8520 札幌市中央区北2条西7丁目

本部長今月の話題Topic of the general manager this month

北海道警察本部長 山岸 直人

令和元年8月「 災害への備え 」

 昨年9月6日に発生した北海道胆振東部地震から、まもなく1年が経とうとしているところですが、この地震により尊い命を失われた方々に対し、謹んで哀悼の意を表しますとともに、未だに仮設住宅等での生活を余儀なくされている皆様に、心からお見舞い申し上げます。

 震災はいつ起きるか予測できません。ご承知のとおり、本年6月に新潟県を中心とした最大震度6強の大規模な地震が発生したほか、平成29年12月に国の地震調査委員会が発表した長期評価によりますと、千島海溝沿いでマグニチュード8.8程度以上の超巨大地震が今後30年以内に7〜40%の確率で発生するとしていることなどから、災害対策には常に高い危機意識を持って対応して行かなければならないと認識しているところです。

 また、これからのシーズンは、台風や大雨などによる河川の氾濫や崖崩れなどにも備える必要があります。
 平成28年8月に発生した台風第10号では、岩手県において高齢者施設が被災し、入所者9名が亡くなるなど、東北・北海道で甚大な被害をもたらしました。非常持ち出し品を確認するほくとくんのイラスト

 このような事態を受け、高齢者、乳幼児などの要配慮者が、適切な避難行動をとることができるよう、市町村が発令する「避難準備情報」の名称が「避難準備・高齢者等避難開始」に変更されたほか、住民の方などが情報の意味を直感的に理解できるよう、それらの情報に5段階の警戒レベルを明記して提供する運用が開始されました。
 皆様におかれましては、気象情報や各市町村が発令する避難に関する情報等に注意していただき、早めの避難を心がけてください。

 災害対策は、自助・共助・公助の連携が大切です。道警察では、住民の皆様や関係機関・団体と連携を図りながら安全確保に努めてまいりますので、今後とも警察活動に対するご理解とご協力をお願いします。