本文へスキップ

北海道警察本部TEL.011-251-0110

〒060-8520 札幌市中央区北2条西7丁目

警察署協議会開催状況


警察署協議会開催状況
委員の現状(令和4年6月1日現在)
  総数490人
区分 総数 男性 女性
札幌方面232人119人113人
函館方面57人28人29人
旭川方面81人45人36人
釧路方面70人38人32人
北見方面50人27人23人
合計 490人 257人 233人
  分野別構成
管内事業者等 141人 自治会 43人
医療福祉 59人 交通安全活動団体 34人
自治体 50人 保護司 17人
地域防犯活動団体 41人 法曹 3人
教育 36人 その他 66人
  年代別構成
20代 0人
30代 9人
40代 53人
50代 126人
60代 189人
70代 110人
80代 3人

令和3年度中の活動状況
  開催回数など
協議会の開催頻度 概ね四半期に1回
1協議会当たりの平均開催回数(回) 1.9
委員の平均出席率(%) 90.1
1協議会当たりの平均開催時間(分) 77.3
  要望・意見など合計378件
交通関係157件(全体の41.5%)
  •  交通事故防止対策
  •  交通規制関係(標識設置に関することなど)
  •  高齢者対策、自転車運転マナーなど
  • 生活安全関係86件(全体の22.8%)
  •  特殊詐欺被害防止対策
  •  サイバー犯罪防止対策
  •  子供を犯罪から守る対策など
  • 総務・警務関係17件(全体の4.5%)
  •  情報発信活動
  •  被害者支援に関すること
  • 地域関係76件(全体の20.1%)
  •  パトロールの強化
  •  熊出没に関する対策について
  • 警備関係15件(全体の4.0%)
  •  災害対策や防災訓練について
  • その他27件(全体の7.1%)
  •  コロナ対策に関すること
  •  捜査活動に関すること
  •   要望・意見を警察業務へ反映した好事例
    富良野警察署協議会
     協議会委員からの特殊詐欺防止対策に関する要望・意見を受け、
    • 特殊詐欺事件犯人の犯行音声をニュース報道等で公表
    • 高校生と協力し、特殊詐欺防止等に関するメッセージを記載したプレートを作成し、高校生が販売する鉢植えに添えた広報活動
    を実施し、官民一体となった啓発活動を推進しました。
    本別警察署協議会
     協議会委員からのサイバー犯罪防止対策に関する要望・意見を受け、本別警察署管内3町の道の駅の協力を得て、サイバーセキュリティの広報として、
    • 広報チラシの配置
    • 大型テレビによる広報DVDの放映
    を実施しました。

    要望・意見などの公表

     各警察署協議会では、会議の都度、「議事概要」を作成し、警察署の窓口などに備え付けて、住民の皆様が閲覧できるようにしているほか、各警察署ホームページでもお知らせしています。

    令和4年6月
    北海道警察本部 総務課