ホーム > 安全な暮らし> 少年サポートセンターの活動> 少年の居場所づくり事業> ボランティア体験活動報告


ボランティア体験活動報告

平成28年2月19日(金)、22日(月)、24日(水)
 子育て支援センターで手作り人形劇を上演しました!
 2月22日と24日に、札幌市内の子育て支援センター「ちあふる」において、手作り防犯人形劇の上演を行いました。
 札幌国際大学心理学科子ども心理専攻の「Jumpers」(大学生ボランティア)9人を中心に、1日目は、豊平区にある「ちあふる・とよひら」、2日目は、東区にある「ちあふる・ひがし」で人形劇「三匹の子やぎ」を上演しました。
 2月19日の少年サポートセンター研修室での練習には中学生1人、2日目の活動には高校生1人が参加し、主人公の友人であるトナカイの役を演じました。練習時間が少ないにもかかわらず、「Jumpers」(大学生ボランティア)と協力して劇を盛り上げていました。
 その後の自由遊びの時間には、乳児クラスにておもちゃや人形遊びなどをして、園児との触れ合い体験を行いました。
 参加した少年からは「最初小さい子が苦手だと思ってたけど、子どもたちから寄ってきてくれて可愛かったし嬉しかった。人形劇も参加できて楽しかった。」と話しており、「Jumpers」(大学生ボランティア)からは「とても貴重な体験をさせていただいた。これからも今日の反省を勉強に生かしていきたい。」との感想が寄せられました。
 また、ちあふるの職員からは「園児達も劇に引き込まれ、とても楽しい時間を過ごすことができた。」とのお言葉をいただき、とても貴重な体験活動になりました。
人形劇練習の写真
少年サポートセンター研修室での練習の様子
1日目人形劇上演の写真
1日目「ちあふる・とよひら」での活動の様子

2日目人形劇上演の写真
2日目「ちあふる・ひがし」での活動の様子
人形劇をしている少年と大学生の写真
人形劇に参加している少年と大学生の様子

園児と遊ぶ少年の写真
園児と遊んでいる少年の様子
集合写真
集合写真

平成27年2月26日(木)、27日(金)
 ちあふるで人形劇を行いました!
 2日間に渡り、札幌市内の区保育・子育て支援センター「ちあふる」において、人形劇を行いました。
 札幌国際大学心理学科子ども心理専攻の大学生サポーターJumpersを中心に、1日目は、北区にあるちあふる・きた、2日目は、白石区にあるちあふる・しろいしで人形劇「ヘンゼルとグレーテル」を上演しました。
 2日目には、中学生2人も参加し、背景や小道具を変えるほか、小ガモの役を演じました。練習時間が少なかったにも関わらず、Jumpersと息の合った演技で、園児達も人形劇に引き込まれている様子でした。参加した中学生のうち1人は、昨年ちあふる・しろいしに継続的な保育ボランティアで訪れていたため、園児達から「前来ていたお姉さんだ」と声をかけられる場面もあり、中学生も劇上演後自ら園児に話しかけに行くなど、久しぶりの再会をとても嬉しそうにしていました。
人形劇の写真
園児達も楽しんでくれました
人形劇の写真
小ガモ役、大絶賛でした


平成26年2月14日(金)
 ちあふる・ていねにボランティアに行きました!
 手稲区にある手稲区保育・子育て支援センター(ちあふる・ていね)でボランティア活動をしました。今回は札幌国際大学心理学科子ども心理専攻の大学生サポーターJumpersと共に人形劇「おおきなかぶ」を上演し、その後に保育園の園児達と室内で楽しく自由遊びをしました。
 参加した中学生は、劇の上演中背景を持つ役割をつとめ、園児からきちんと見えるように配慮しながら行っており、保育園の先生にも褒められました。また自由遊びの中、園児が縄跳びの順番でもめているところを見つけて、「順番に遊ぼうね。」と声かけをするなど活躍しており、「園児がすごく可愛かったし、楽しかったのでまた行きたい。」と話していました。
写真(園児の前で手遊びを披露しているようす)
劇上演後、園児の前で手遊びを披露
写真(園児と遊んでいるようす)
園児に大人気


平成25年9月7日(土)
社会福祉法人「札北荘」で収穫祭のお手伝いを実施しました
 今回は札幌市北区にある知的障害者更生施設「札北荘」で収穫祭のお手伝いをしました。
 光陽中学校のちょぼら隊の他、札幌市内に居住する少年、大学生サポーター「Jumpers」、警察官らが参加し、焼き鳥や焼きそば、野菜を焼く作業や販売をしました。
 焼きそばを担当した中学生は「均等に混ぜるのが大変」、「販売も忙しかった」などと話しており、中学生の手伝いをしていたJumpersからは「中学生の子達が一生懸命やってくれて良かった」、「自分達も手伝うことができて良かった」などの感想が寄せられました。
 焼き鳥を担当した少年は、慣れた様子で調理を行い、自ら焼き加減や味を調整し積極的に活動していました。また、施設利用者と上手にコミュニケーションをとっている場面もありました。
 施設のかたからも「楽しそうに笑顔でやってくれて良かったです」などと言っていただけて大変有意義な活動になりました。
写真(Jumpersと協力して焼きそばを調理している様子)
Jumpersと協力して焼きそば調理中
写真(容器に詰めて販売準備をしている様子)
容器に詰めて販売準備
写真(焼き鳥を焼いている様子)
煙にも負けずに焼き鳥を焼いてます
写真(焼き鳥を焼いている様子)
こがさないように・・・真剣に焼いてます


これまでの開催内容を見るには下の文字をクリックしてください。
平成24年度のボランティア体験

北海道警察本部少年課少年サポートセンター