本文へスキップ

北海道警察本部TEL.011-251-0110

〒060-8520 札幌市中央区北2条西7丁目

子供・女性安全対策



前兆事案が発生した場合、警察では次のような対応を行っています

  •  現場への早期臨場、子供の保護及び不審者の発見・確保、警告・検挙
  •  防犯ボランティア団体などと連携した通学路などに対するパトロール活動の強化
  •  学校、教育委員会などと連携した防犯訓練の実施
  •  前兆事案の発生情報を「ほくとくん防犯メール」により、アドレス登録している皆さんの携帯電話やパソコンに配信したり、ツイッターアカウント「北海道警察防犯情報連絡室」においても発生情報を配信
  •  前兆事案が多発している地域等の信号柱に「子供・女性防犯情報幕」を掲示して注意喚起

「ほくとくん防犯メール」を知りたい方はこちらをクリック>>

「北海道警察防犯情報発信室」をごらんになりたい方はこちらをクリック>>

 
     
主な事例と対処方法
    平成29年10月中の事例をみますと
  •  マスカットあげるからこっちにおいで
  •  飴あげるから家に来て
  •  君の本当のお父さんだよ
  • などの声掛け行為がみられました。
     普段からお子さんとは
  •  大声を出して逃げる
  •  防犯ブザーを鳴らす
  •  近くの人や店、家に助けを求める
  •  大人に知らせる
  • などの対処方法を話し合うとともに
  •  人気のない場所には1人で行かせない
  •  「子供110番の家」「防犯ステーション」*の場所を確認させる
  • ことが大切です。
    *「防犯ステーション」関連リンクhttp://ss.jfa-fc.or.jp/
     (日本フランチャイズチェーン協会のweb サイトへジャンプします)
     おとうさん、おかあさん、保護者のみなさんへ
     お子さんから不審な人に声を掛けられたとの話を聞いた保護者の皆さんは、
  •  お子さんは決して悪くありません。優しく話を聴いてあげてください。
  •  速やかに110番又は最寄りの警察署などに通報してください。
  • みんなの合言葉は「いかのおすし」  
    「いかのおすし」の説明
     地域のみなさんへ
    子供を犯罪から守るためには、地域ぐるみで子供を温かい目で見守っていくことが大切です
     子供から不審者に関する話を聞いた際の対応マニュアル(PDF239KB)
     速やかな110番通報を!
     子供を犯罪被害から守るためには、お子さんが不審者に遭ったことを大人に知らせ、その話を聞いた保護者、地域の皆様からの
     ○速やかな110番通報
    が重要です
     速やかな110番通報に関するチラシを掲載しましたのでご活用下さい
     また、
    「家庭でのルールづくり」、「繰り返しの被害防止教育」
    についても記載していますので、ご家庭での安全教育などにご活用下さい

    子供用広報チラシ「けいさつからこどもたちへのおねがい」(PDF354KB)

    大人用広報チラシ「保護者・教職員・地域の皆様へ」(PDF131KB)

    大人用広報チラシ「教職員・保護者・地域の皆様へ」(身近なところに重大事件の芽が潜んでいます。)(PDF398KB)

    みんなで守ろう子供たち
    「子供の安全を見守る運動」に参加しましょう
     子供の安全に対する大人の注意喚起を促すとともに、子供が「誘拐や暴力、痴漢」など 何らかの被害にあっている場面を目撃したり、助けを求められた場合にその子供を保護し、すみやかに警察などへ通報するなどして、子供の安全確保を図っていく運動です。
     詳しくは、 北海道犯罪のない安全で安心な地域づくりポータルサイト  (http://www.pref.hokkaido.lg.jp/ks/dms/anzen-hp/index.htm) をご覧ください。
    (北海道のwebサイトへジャンプします。新しいページで開きます)
    【掲示用ポスター】
    【ステッカー】

    平成29年11月
    北海道警察本部 生活安全企画課