ホーム  安全な暮らし  自主防犯活動・くらしの安全対策ハンドブック

安全安心どさんこ運動のマーク  自主防犯活動・くらしの安全対策 ハンドブック

 誰もが安全で安心して暮らすことができる地域社会を築くためには、犯罪が起きにくい“安全で安心なまちづくり”を進めることが大切です。
 そのためには、地域の皆様の自主防犯活動が大きな力を発揮します。
 
 道内の各地域では多くの防犯ボランティア団体により、地域の見守り活動や青色回転灯装備車によるパトロール活動などが活発に行われています。
 しかし、一方で、
「活動をやってみたいけれど、どのように活動を始めたらいいのか分からない」
「危険はないのか」
「メンバー集めや資金などの準備をするのが大変じゃないのか」
「活動が長続きしない」
などとといった声もよく耳にします。
 
 自分の地域を安全で安心なまちにしたいという意欲を持った方々に、防犯ボランティア団体の設立から持続した活動の方法など、活動をスムーズに進めていただくためのノウハウを提供するとともに、地域の皆様が犯罪に遭わない、犯罪を起こさせない環境をつくるため、「防犯ボランティア活動・くらしの安全対策ハンドブック」を作成しました。
 
 ハンドブックについては、ここでダウンロードしてお使いいただけますので、ご活用ください。
ダウンロード↓
PDFファイルへのリンク(本のアニメーション)
PDFファイル(約7.2MB)(A4横サイズ33枚)
 
平成28年12月
北海道警察本部生活安全企画課