ホーム > 安全な暮らし > サイバーセキュリティひろば > ランサムウェア感染に注意
ランサムウェア感染に注意
※ 「ランサム」とは、「人質」の意味です。ランサムウェアとは、感染したパソコンなどの端末本体、又はデータを使えない状態にして(=人質にする)、元に戻すことと引き換えに身代金を要求する不正プログラムです
どのように感染するのか?
電子メール

迷惑メールに添付されたデータを実行して
(ファイルを開いて)感染する

Webサイト

不正改ざんされたサイトや不正広告を見るだけでデータをダウンロードして感染する

感染するとどうなる?
○ パソコン本体が起動できないようにロックされる
  または、保存データを書き換えられてファイルが開かなくなる
〇 元に戻すために金銭を要求される
  多くの場合、ビットコインでの支払いを求められる
(※ 支払いに応じても元に戻る保証はありません。要求には応じないで下さい)
要求の画面 ランサムウェアに感染した人

【感染しないためにするべきこと】

○ メールに添付されたデータをむやみに開かない
○ 
怪しいサイトを見に行かない
○ 基本ソフト(OS)主要ソフト(Adobe ReaderFlash PlayerJava)更新する
○ セキュリティ
対策ソフトを導入する
より多くの対策を重ねる事が有効です
日頃の危機意識が明暗を分けます
【感染前にやるべきこと】

 定期的にバックアップデータを作成する
○ OSの「システムの復元機能」や「ロールバックソフト (再起動すると復元ポイントに戻る)」を活用する
北海道警察サイバーセキュリティ対策本部
平成29年4月