ホーム  交通安全  飲酒を伴う交通事故実態(過去5か年)                

 
  平成22年〜平成26年
飲酒を伴う交通事故実態(過去5か年)
※政令数値以下等を含む。
 

1 年別発生状況
 平成22年以降、人身事故件数は平成25年まで減少傾向で推移し、平成26年は発生件数、死者数及び負傷者数が増加した。
( )内は全体に占める割合
平成22年 平成23年 平成24年 平成25年 平成26年 合計 平均
人身事故件数 223(1.2%) 222(1.4%) 197(1.3%) 181(1.3%) 186(1.6%) 1,009 201.8(1.4%)
傷者数 305(1.4%) 310(1.6%) 274(1.5%) 220(1.4%) 226(1.6%) 1,335 267.0(1.5%)
死亡事故件数 13(7.0%) 13(7.7%) 11(6.6%) 14(8.6%) 17(12.7%) 68 13.6(8.3%)
死者数 13(6.5%) 13(7.4%) 12(6.6%) 14(8.3%) 19(13.2%) 71 14.2(8.2%)
※1当原付以上
 
2 月別発生状況
 人身事故は、3月が96件(9.5%)と最も多く、5月以外は70件以上の高い水準で推移している。
 死亡事故は、5月、11月が10件(14.7%)と最も多く、次いで8月が8件(11.8%)で、全ての月で死亡事故が発生している。
月別発生状況グラフ
 
3 時間別発生状況
 人身事故は、22〜24時が120件(11.9%)と最も多く、同時間帯を含め18〜8時の時間帯に高い水準で発生している。
 死亡事故は、0〜2時が15件(22.1%)と最も多く、同時間帯を含め20〜8時の時間帯に高い水準で発生している。
時間別発生状況グラフ
 
4 曜日別発生状況
 人身事故、死亡事故ともに土曜・日曜日の発生が多く、この2日間で、人身事故は42.7%、死亡事故は42.7%を占めている。
曜日別発生状況グラフ
 
5 地形・道路形状別発生状況
 人身事故は、市街地交差点が570件(56.5%)となっている。
 死亡事故は、市街地交差点が17件(25.0%)が最も多く、市街地直線、非市街地直線・カーブでも多い。
地形・道路形状別発生状況グラフ
 
6 事故類型別発生状況
 人身事故は追突が447件(44.3%)、死亡事故は車両単独が36件(52.9%)と最も多い。
事故類型別発生状況グラフ
 
7 第一当事者の年齢別発生状況
 人身事故、死亡事故ともに30歳代が最も多く、次いで40歳代が多い。
第1当事者の年齢別発生状況グラフ
 
8 第一当違反(事故原因)別発生状況(人身事故)
 「飲酒あり」は「飲酒なし」に比べ、最高速度、追越・通区、信号無視、前方不注意の割合が多い。
 (最高速度11.7倍、追越・通区2.2倍、信号無視1.7、前方不注意1.9倍)
第1当事者(事故原因)別発生状況グラフ
 
9 致死率
 飲酒ありは、飲酒なしの約5.8倍。
致死率比較グラフ
平成27年3月
北海道警察本部交通企画課