ホーム  交通安全  札幌市中心部における大地震発生時の交通規制

札幌市中心部における大地震発生時の交通規制について

交通規制の方針
 第一次交通規制
 道路における危険を防止するとともに、人命救助・消火活動などに従事する緊急自動車などの通行を確保するため道路交通法に基づく交通規制を実施します。
 制限される車両:消防・警察・自衛隊等の緊急自動車以外の車両
 第二次交通規制
 緊急交通路を確保し、災害対策を速やかに行うための交通規制を実施します。
 制限される車両:緊急自動車・災害対策基本法に基づく標章掲示車両以外の車両
 
交通規制が予定される路線(緊急交通路)
 大地震など発生時には交通規制方針に基づき、以下の道路で交通規制を予定しております。
 札幌市内の一般道路(10路線)
 国道5号・国道12号・国道36号・国道230号・国道275号
 道道下手稲札幌線、道道宮の沢北1条線
 市道新川線・市道北大横断線・市道競馬場線
 高速自動車国道・自動車専用道路(7路線)
 高速自動車国道北海道縦貫自動車道・高速自動車国道北海道横断自動車道
 日高自動車道・深川留萌自動車道・帯広広尾自動車道・旭川紋別自動車道・黒松内新道
 
一般車両の流入禁止エリア
 札幌市中心部の交通を抑制するため、流入禁止エリアを設定して中心部方向への一般車両の進行を禁止します。
 エリア外周に設定する予定の路線
 道道札幌環状線・道道西野白石線・道道下手稲札幌線
 市道南19条宮の沢線・市道二十四軒1条線・市道競馬場線・市道北大横断線

 緊急交通路や流入禁止エリアについては、大地震など発生時に全ての路線などの交通規制を行うというものではなく、災害の規模などにより変更されますのでご注意ください。

平成24年11月
北海道警察本部交通規制課