ホーム > 交通安全 > 歩行者の横断を補助する信号機

 歩行者の横断を補助する信号機
 北海道警察では、横断している歩行者の安全を図るため、「音響式信号機」「高齢者等感応式信号機」「歩行者支援信号機」を設置し、交通の安全と円滑を図っています。

 音響式信号機
音響式信号機の写真  歩行者用青信号が表示している間「ピヨピヨ」あるいは「カッコー」の音を発します。

※wavファイルです。ボリュームに気をつけてください。
 設置場所の一覧を見る
札幌方面 函館方面 旭川方面 釧路方面 北見方面


 高齢者等感応式信号機
高齢者等感応式信号機の写真  横断に時間のかかる人は白色押ボタン函のボタンを押していただくことで歩行者用青信号が通常用より長くなります。
 高齢者等感応式信号は「携帯用発信器」を使用することで遠隔操作が可能です。
 携帯用発信器は身体障害者福祉法に定められている「日用生活用具」に指定されており、各区・市町村より「歩行時間延長信号機用小型送信機」などの名称で給付などが行われる場合があります。

 設置場所の一覧を見る
札幌方面 函館方面 旭川方面 釧路方面 北見方面


 歩行者支援信号機
歩行者支援信号機の写真  視覚障害者の白杖などに巻かれている反射テープや専用の携帯端末に反応し現在の所在地と方向、信号の状態を音声で案内するものです。また赤信号から青信号に変わった時に「信号が青になりました」と案内します。
 設置場所の一覧を見る
北海道内の設置箇所一覧表を見る

平成29年4月
北海道警察本部交通規制課