ホーム  交通安全  準中型自動車・準中型免許
 
「準中型自動車・準中型免許」新設!
平成29年3月12日から施行
大型、中型、準中型、普通車両の写真
 平成27年6月17日に道路交通法の一部が改正され、平成29年3月12日から施行されることにより、自動車の種類として今までの普通自動車と中型自動車の区分の間に、車両総重量3.5トン以上7.5トン未満等の自動車が新たに「準中型自動車」として定義され、これに対応する免許として「準中型免許」が新設されます。
 「準中型免許」は、他の免許の保有を必要とせず、18歳で取得することができます。
 改正の概要
改正前 区分 普通免許 中型免許 大型免許
自動車の種類 普通自動車 中型自動車 大型自動車
車両総重量 5トン未満 5トン以上11トン未満 11トン以上
最大積載量 3トン未満 3トン以上6.5トン未満 6.5トン以上
乗車定員 10人以下 11人以上29人以下 30人以上
受験資格 年齢  18歳以上  20歳以上  21歳以上 
免許期間  不要 2年以上  3年以上 

下向矢印

改正後 区分 普通免許  準中型免許 中型免許 大型免許
自動車の種類 普通自動車 準中型自動車 中型自動車 大型自動車
車両総重量 3.5トン未満 3.5トン以上7.5トン未満 7.5トン以上11トン未満 11トン以上
最大積載量 2トン未満 2トン以上4.5トン未満 4.5トン以上6.5トン未満 6.5トン以上
乗車定員 10人以下 10人以下 11人以上29人以下 30人以上
受験資格 年齢  18歳以上  18歳以上  20歳以上  21歳以上 
免許期間  不要  不要  2年以上  3年以上 

 普通第二種免許、中型第二種免許、大型第二種免許の受験資格については、21歳以上で3年以上の免許経験を有することが必要となります。

準中型免許の適性試験・適性検査

 準中型免許の適性試験及び適性検査は、      ほくとくんの絵
 視力
 深視力
 聴力
 運動能力
について、大型免許・中型免許と同じ合格基準により行われます。
 ただし、5トン限定準中型免許については、普通免許と同じ合格基準により行われます。  

 どうなる?旧普通免許
 旧普通免許を持っていた人

 新しい免許制度の施行後も、平成19年6月2日から平成29年3月11日までに取得した普通免許(以下「旧普通免許」といいます。)で運転できる自動車の大きさの範囲は同じです。運転免許証の変更等の手続きも必要ありません。
 旧普通免許を持っていた方は、「車両総重量5トン未満」「最大積載量3トン未満」「乗車定員10人以下」の全てを満たしている準中型自動車であれば、今までどおり運転できます。
 旧普通第一種免許を持っていた方は、自動的に「5トン限定準中型免許」とみなされますが、旧普通第二種免許を持っていた方については、準中型免許に係る第二種免許は新設されないため、自動的に「5トン限定中型第二種免許」とみなされます。

 平成29年3月11日以前
改正前の運転可能車両の区分図
下向矢印
 平成29年3月12日以後
改正後の運転可能車両の区分図
 
 中型免許を持っていた人

 新しい免許制度の施行後も、平成29年3月11日までに取得した中型免許で運転できる自動車の大きさの範囲は同じです。運転免許証の変更等の手続きも必要ありません。中型第二種免許も同様です。

 教えて!準中型免許
 準中型免許Q&A

 Q1  5トン限定準中型免許を取得するためには、どうしたらよいのですか?
 

 A1

 平成29年3月11日(土)までに普通免許に係る試験に合格する必要があります。
 ※ 実質は、3月11日は土曜日なので3月10日(金)までとなります。

   
 Q2  指定自動車教習所で準中型自動車免許の教習を行う場合の教習時限数と最短教習日数を教えて下さい。
 

 A2

 ● 他の免許を持っていない人で最短教習日数は、17日となります。
    (学科教習 27時限・技能教習 41時限)

 法施行後の3月12日から準中型免許の教習を開始した場合、計算上は最短で3月中に取得することが可能となりますが、例年3月はどの教習所も繁忙期であり3月中に準中型免許を取得することは、困難と思われます。
 今後、準中型免許が必要な職場へ就職予定の方などは、3月11日(実質3月10日)までに普通免許の試験に合格すれば、3月12日以降は
               「5トン限定準中型免許」
となるため、その後この5トン限定条件を解除する方法をお勧めします。
 
 
 Q3  法施行前までに普通免許を取得した場合、法施行後は5トン限定準中型免許になるということですが、指定自動車教習所でこの5トン限定を解除するための教習時限数を教えて下さい。
 

 A3


 旧普通免許(MT)で5トン限定準中型免許になった場合は、4時限以上の技能教習が必要となります。(学科教習はありません。)
 
 旧普通免許(AT)で5トン限定準中型免許になった場合は、8時限以上の技能教習が必要となります。(学科教習はありません。)
 
 
 もっと知りたい!準中型自動車・免許  
    18歳から普通免許なしで取得可能!
 初心運転者期間制度

 初めて準中型免許を取得した方は、準中型自動車を運転する場合には1年間初心者マークの表示義務の対象となります。(普通免許の免許期間が2年以上の方は除きます。) 
 
  反則金、放置違反金

 準中型免許の反則金や放置違反金は、普通自動車より車格が大きいものとして区分され、大型自動車等と同額となります。 

平成28年11月
北海道警察本部運転免許試験課