ホーム  交通安全  環状交差点の通行方法

環状交差点の通行方法

 道路交通法の一部を改正する法律が平成26年9月1日から施行され、環状交差点が導入されております。
 車両を運転される皆様は、下記の交通規制や通行ルールに従い、環状交差点における安全走行に配意願います。
 なお、道内での環状交差点の導入はありません。

 
 環状交差点
 環状交差点とは、車両の通行部分が環状(ドーナツ状)の形になっていて、道路標識により車両が右回り(時計回り)に通行することが指定されている交差点をいいます。
 
 環状交差点を通行する場合
 あらかじめできる限り道路の左端に寄り、徐行して進入してください(環状交差点に入る時は、合図をする必要はありません)。
 環状交差点内は、右回り(時計回り)に通行し、できる限り環状交差点の側端に沿って徐行しなければなりません。
 
 車両の優先関係
 環状交差点においては、環状交差点内を通行している車両などが優先ですので、交差点内を通行する車両などの進行を妨げてはいけません。
 
 環状交差点から出る場合
 出ようとする地点の直前の出口の側方を通過したとき(環状交差点に入った直後の出口を出る場合には、その環状交差点に入ったとき)に、左側の方向指示器を操作し、交差点を出るまで合図を継続しなければなりません。

チラシ表の画像 チラシ裏の画像

詳細内容を見る(PDF1.34MB) >>>


平成27年3月
北海道警察本部交通規制課