ホーム  交通安全  交通安全教育動画 > 光と闇の危険!!

交通安全教育動画

光と闇の危険!!

 例年、10月から12月にかけての日没後に、歩行者事故が多発します。
 晴天時の良好な交通視環境と違い、夜間になると、道路照明や車の前照灯の照射範囲等の情報しか得られず、歩行者が見えにくくなるからです。
 日没により、急激に暗くなった場合、目の機能が順応するまでの時間を要する現象(暗順応)、歩行者が見えにくくなる現象(コントラストの低下)、自車と対向車の前照灯が交錯すると道路中央付近の横断歩行者が見えなくなる蒸発現象などについて、映像やアニメーションで解説し、運転時の注意事項をまとめた交通安全教育動画になります。

1 題名 「光と闇の危険!!」

2 構成
○本編(16分30秒)
 ・ 統計分析(交通事故統計による分析)
 ・ 夜間に多発する歩行者事故 本編ムービーにリンク
mp4形式49.3MB
 ・ 湿潤路面は要注意
 ・ 夜間走行は要注意
 
○ダイジェスト版(6分)
 ・ 本編映像の短編版 ダイジェスト版ムービーにリンク
mp4形式18.4MB

本映像内の実験値は、実験で得られた数値を示しております。これらの数値は道路環境、天候状況、車両前照灯の性能によって異なります。
ムービー内の画像-1

ムービー内の画像-2

ムービー内の画像-3

制作協力
北海道大学大学院工学研究院  教授 萩原 亨
元北海道警察本部交通部交通企画課交通総合対策センター所長 辻 信三
道警事故防止キャラクター「ミルコン」のイラスト

交通安全教育動画「光と闇の危険!!」DVD版の貸出しについて
 
交通安全教育目的で利用を希望される方は、貸出機関がありますので、お問い合わせ願います。
※ 貸出機関 一般社団法人 北海道交通安全協会 電話011−737−8701
公益社団法人 北海道交通安全推進委員会 電話011−221−6666

ムービー内の画像-4

北海道警察本部交通部交通企画課 平成26年制作