本文へスキップ

トップページ > サイトメニュー > 平成29年7月13日から刑法が一部改正されました

北海道警察本部TEL.011-251-0110

〒060-8520 札幌市中央区北2条西7丁目

刑法が一部改正されましたAmendment of the criminal law

平成29年7月13日から刑法が一部改正されました

1 強姦罪という罪が「強制性交等罪」という罪に変わります。

 今までは「女性対象」の犯罪行為として規定されていたものが、今後「男女ともに対象」の犯罪行為となります。
 強制性交等罪の犯罪行為とは
・性交
・肛門性交
・口腔性交
の3つの性交となります。
 法定刑は
3年以上の有期懲役から「5年以上の有期懲役」に
被害者が死傷した場合は「無期又は6年以上の懲役」に
変わります。

2 「監護者わいせつ罪」「監護者性交等罪」が新設されます。

 18歳未満の者に対し、その者を現に監護する者がその立場を利用し、わいせつな行為又は性交等をした場合の罪名が新たに設けられました。
 監護する者というのは、親や養父母、その他親子関係になくとも18歳未満の者の面倒等を継続して見ている者が対象という解釈になります

3 強盗強姦罪という罪が「強盗・強制性交等罪」という罪名に変わります。

 強盗行為と前記の強制性交等の行為を同じ機会に行った者は、両行為の先後は関係なく「強盗・強制性交等罪」という罪で処罰されることになりました。

4 強姦罪等の非親告罪化

 改正後は、性犯罪に遭われた方の告訴状の提出がなくても犯人を処罰できるようになります。(改正前に発生の事件でも7月13日以降は全て告訴状の提出は必要なくなります)
平成29年7月 捜査第一課

このページの先頭へ