本文へスキップ

トップページ > サイトメニュー > 国際テロの未然防止に向けた情報提供を!

北海道警察本部TEL.011-251-0110

〒060-8520 札幌市中央区北2条西7丁目

国際テロの未然防止に向けた情報提供を!


国際テロの未然防止に向けた情報提供を!
「何か変だな」「いつもと違う」と感じたら110番
〜国際テロの未然防止には、あなたの通報が必要です〜
 

最近の国際テロ情勢
 最近の国際テロ情勢は、イラクとシリアにまたがる地域でISIL(いわゆる「イスラム国」)の軍事面での劣勢が顕著となった一方、その影響が世界各地に及んでいることに特徴づけられます。欧州においては車両使用テロ事件、公共交通機関、各種イベント会場等いわゆるソフトターゲットが標的となるテロが多発し、国内外に大きな衝撃を与えています。
イスラム過激派オンライン機関紙の写真
 ISILやアル・カーイダ関連組織等は、インターネットを利用して過激思想を広めており、いわゆるホームグローン・テロリスト(国内育ちのテロリスト)の危険性が各国で指摘されています。日本国内においてもこうした過激思想に影響を受けた者によるテロが発生する可能性は否定できません。

 また、近年は現実に我が国の権益や邦人がテロの犠牲となる事案等が発生しており、ISILは我が国や邦人をテロの標的として繰り返し名指ししていることから、今後も邦人がテロ事件や誘拐事件の被害に遭う可能性が懸念されています。

 さらに、我が国には、米国基地等の米国権益が多数存在していることに加え、殺人、爆弾テロ未遂等の罪で国際手配されていた者が過去に我が国への不法な入出国を繰り返していたことが確認されています。

 これらの事情に鑑みると、我が国に対するテロの脅威は現実のものとなっているといえます。こうした中、我が国では、2019年にラグビーワールドカップ大会が、2020年に東京オリンピック・パラリンピック競技大会が開催され、両大会とも関連行事の開催が北海道内でも見込まれています。

 大規模な国際会議や国際スポーツ大会等は、世界的に大きな注目を集めることから、テロの恰好の攻撃対象となり得るため、北海道警察は、道民の皆様の協力のもと、「テロの未然防止」に万全を期すこととしています。

北海道警察の取組み
 北海道警察では、「テロの未然防止」を活動重点としており、
  •  テロリスト等の入国を阻止するため関係機関と連携した水際対策の推進
  •  テロリストが利用する可能性のある、旅館、インターネットカフェ、賃貸マンション等を営む事業所に対する不審通報の協力依頼
  •  重要施設や不特定多数の人が集まるいわゆるソフトターゲット等の警戒警備
などに取り組んでおります。

道民の皆様へのお願い
 道民の皆様からの情報が、国際テロの未然防止につながります。
 もし、普段の生活の中で「何か変だな」「いつもと違う」と感じることがありましたら、どのような些細なことでも迷わず110番又は最寄りの警察署へ通報をお願いします。

平成30年1月
北海道警察本部外事課