ホーム  安全な暮らし  イベントにおけるテロを防ぐためのお願い

イベントにおけるテロを防ぐためのお願い

 平成27年11月13日(日本時間14日早朝)、フランス・パリにおける連続テロ事件が発生し、多数の死傷者が出たところであり、日本国内においてもテロ事件の発生が懸念されているところであります。
 今回のフランスのテロは、サッカーの国際試合が行われている競技場や劇場での音楽コンサートに来場する一般人を無差別に狙ったテロ行為と報道されており、今後日本国内でも、多数の人が集まるイベントなどにおいて、テロの発生は否定できない現状にあり、警戒警備を強化する必要があります。
 イベントを開催するにあたり、主催者の皆様におかれましては、次の事項を強化しテロの未然防止のために御協力をお願いいたします。


 ○ 自主警備員等の増強配置
  • 警備員増強による人の目の監視強化
  • 警備員に対する教養(避難誘導など有事の際の措置)
 ○ 警備環境の整備
  • ゴミ箱設置箇所の検討と不要物の撤去
  • 爆弾等の不審物件を設置できない環境づくり
  • 監視カメラの設置(増設)と映像記録保存
 ○ 参加者に対する手荷物検査の強化
  • コート、ジャンパー類及び手荷物等の検査の強化
 ○ 不審物件発見時の通報・連絡体制の確立
  • 迅速な通報と管轄警察署との連携強化
 ○ 参加者への注意喚起(看板の設置等)
  • 危険物持ち込み禁止や不審者及び不審物件発見時の通報依頼
 ○ ドローンなど小型無人機の飛行及び持込みの禁止
  • 来場者や周辺住民に対する事前の告知


平成27年12月
北海道警察本部警備課