本文へスキップ

トップページ > サイトメニュー > 北朝鮮人権侵害問題啓発週間

北海道警察本部TEL.011-251-0110

〒060-8520 札幌市中央区北2条西7丁目

北朝鮮人権侵害問題啓発週間


北朝鮮人権侵害問題啓発週間 12月10日から12月16日まで

◆北朝鮮人権侵害問題啓発週間とは
 平成18年6月23日に「拉致問題その他北朝鮮当局による人権侵害問題への対処に関する法律」が施行され、毎年12月10日から16日までを「北朝鮮人権侵害問題啓発週間」とすることとされました。
 拉致問題を始めとする北朝鮮当局による人権侵害問題は、国際社会をあげて取り組むべき課題であり、この問題の解決のためには、みなさんの関心と認識を深めていくことが大切です。

◆北朝鮮による日本人拉致問題について
 1970年代から80年代にかけて、北朝鮮に多くの日本人が拉致されました。
 政府によって拉致被害者として認定されているのは、現在17人であり、北海道では、石岡亨さん(当時22歳)が認定されています。
 平成26年5月スウェーデンのストックホルムで行われた日朝政府間協議において、政府と北朝鮮は「拉致被害者を含む全ての日本人に関する包括的かつ全面的な調査の実施」についての合意がなされ、北朝鮮では特別調査委員会を設置しましたが、平成28年1月、北朝鮮は、一方的に調査の中止と特別調査委員会の解体を表明しました。
 警察では、継続して北朝鮮による拉致の可能性を排除できない事案について、関係機関と連携をとりながら、捜査・調査を継続しています。
 
拉致容疑事案などについて、情報をお持ちのかたは、警察本部または警察署までお知らせください。

北朝鮮当局による人権侵害問題に対する認識を深めましょう


ロゴ−救い出す、拉致 絶対に。
◆関連リンク◆(新しい画面で表示します)
◇ 拉致問題対策本部
   http://www.rachi.go.jp/ 
◇ 法務省
   http://www.moj.go.jp/JINKEN/jinken103.html
◇ 警察庁
   http://www.npa.go.jp/keibi/gaiji1/
北海道警察

平成29年11月
北海道警察本部外事課