ホーム > 総合案内 > 鉄道警察隊広報紙「広報鉄警」
鉄道警察隊広報誌の画像
鉄道警察隊ミニ広報紙「広報鉄警」
北海道警察本部鉄道警察隊 電話番号011-222-6188

平成29年5月号の主な内容

◆春の地域安全運動
 5月に入ると、皆さんの身近なところで色々な犯罪が増えはじめます。
 警察では、5月11日から20日までの間、自治体や住民の皆さんと連携し、道内各地で、犯罪のない安全で安心して暮らせる地域づくりを目指す春の地域安全運動を行います。
 ひとりひとりが防犯意識を高め、安心安全を目指しましょう!

◆許さない!痴漢・盗撮!
 あなたは列車内で、痴漢や盗撮の被害にあったことはありませんか?
 被害にあった場合は、大声で周囲に助けを求め、110番するか、近くのJR職員に通報してください。
 鉄道警察隊では、女性警察官も届出に対応しています。
 1人で悩まず、まず相談してください!

◆気をつけよう踏切事故
 無理に踏切内に進入すると、列車と接触するなどしてとても危険です。
○警報機が鳴り始めたら渡らない!
○危険を感じたら、迷わず非常ボタンを押す!
 など踏切事故に注意!

◆置引きにご用心《犯人は一瞬のすきを狙っています!》
 5月はゴールデンウィークなどで、列車を使う機会も多くなります。
 トイレや待合室などで、バッグや財布の置き忘れによる盗難被害の発生が予想されます。
 荷物から目を離さず、置き忘れには特に注意しましょう。

◆鉄道警察豆知識【知っていますか?こんなこと】
 危険!架線は2万ボルト!触れなくても感電します!
 ホームでの危険な撮影はやめてください。
自撮り棒による写真撮影は、架線に近付けるだけで感電のおそれがあり、とても危険です。

◆守ろう!乗車マナー!
 リュックサックは手に持つか、荷棚を利用しましょう
 特に混雑する列車内では、リュックサックを背負ったままだと、周りの皆さんにぶつかるなどして、迷惑がかかります。
 リュックサックは背負わないで手に持つか、荷棚を利用してください。