ホーム  総合案内  安全登山情報  山岳パトロール情報  恵庭岳

羊蹄山パトロール情報
実施日:平成27年5月16日(土)
   【コメント】
・   恵庭岳(標高1,320メートル)ポロピナイコース往復の山岳パトロールを実施しました。
・   入山時の天候はくもり、気温14度、風速0メートルで、山頂標記がある第2見晴台(標高1,190メートル)は天候くもり、気温8度、風速1メートルでした。
・   平成26年9月の豪雨による影響で、登山口には大量の岩石や倒木が散乱しています。
   (5月16日現在、登山口には普通車で7〜8台程度の駐車スペースしかありません。)
・   昨年の豪雨で登山道が一部崩壊していますが、所々に登山ルートを示す標識テープ等が取り付けられているので、地図や周囲をよく見て確認しながら登りましょう。
・   恵庭岳は活火山に指定されています。入山前には気象庁などの火山情報を確認しましょう。

 登山道などの状況 
登山口の注意看板写真 登山口の岩石や倒木写真 砂防ダムを横断後の涸滝写真
登山口の注意看板 登山口の岩石や倒木 砂防ダムを横断後の涸滝

◆ 登山道上の危険箇所  
砂防ダムを横断後、登山道は沢筋から左へ写真 8合目付近の残雪状況写真
砂防ダムを横断後、登山道は沢筋から左へ 8合目付近の残雪状況

◆ 登山者に対する安全登山の声かけ
山岳パトロール写真 山岳パトロール写真 山岳パトロール写真

 雨の日はレインウェアを着ていても、レインウェアの内側にこもった汗蒸れで下着が濡れることがあります。衣類が濡れた状態で強風にさらされると急激に体温を奪われ、短時間で低体温症になります。レインウェアを着ている時には、できるだけ汗をかかないようにゆっくり登る方法も登山技術のひとつです。