ホーム  総合案内  安全登山情報  山岳パトロール情報  夕張岳

夕張岳山岳パトロール情報
実施日:平成26年8月30日(土)
   【コメント】
・   8月下旬の週末に夕張岳(大夕張コース)の山岳パトロールを行いました。
・   当日の天候は晴れ、夕張岳山頂の気温は12℃、出会った登山者は15人いました。
・   本年7月下旬以降、前岳湿原から夕張岳山頂までの登山道上にヒグマが頻繁に出没しており、パトロール中にも一般登山者がヒグマを目撃したとの情報がありました。
・   夕張岳登山口に至る林道ゲートの開放期間は9月30日までで林道終点駐車場から登山口までは約20分歩きます。(10月1日以降は更に約7キロメートルを歩くことになります。)

 登山道などの状況
大夕張コース登山口写真 前岳湿原の木道写真 通称「吹き通し」の裸地写真
大夕張コース登山口 前岳湿原の木道 通称「吹き通し」の裸地

● コース上の危険箇所 ● ヒグマ出没情報
前岳湿原から山頂付近までの登山道上にヒグマが頻繁に出没しています。
 馬の背コースは急斜面が多く、登山道が濡れていると滑りやすくなるので下山時は注意が必要
● 夕張岳ヒュッテ ● 登山者に対する声かけ
宿泊可能な夕張岳ヒュッテ
(9月は週末のみ管理人が滞在)

 夕張岳の中腹から上部の登山道上にはヒグマの糞が多くあり、多くの登山者が登山道付近にいるヒグマを目撃しています。
 夕張岳に生息しているヒグマは人慣れしていて、人が近づいても逃げないことがあるので、ヒグマの気配や痕跡等がある場合は、登山の中止を検討した方が良いでしょう。