ホーム  総合案内  安全登山情報  山岳パトロール情報  幌尻岳、戸蔦別岳

実施日:平成26年8月15日(金)〜8月17日(日)
   【コメント】
・   新冠川コースから入山し、幌尻岳と戸蔦別岳の山岳パトロールを実施しました。
・   幌尻岳は日高山脈の最高峰で日本百名山の一つでもあることから、毎年7月から9月までは入山者が多く、今回の山岳パトロールでは約150人の登山者と会いました。
・   新冠川コースは、奥新冠発電所ゲートから登山口のあるポロシリ山荘まで約15キロメートルの林道を歩きますが、幌尻岳までは2か所の渡渉のみで沢は遡行しません。
・   幌尻山荘から六ノ沢出合を経て戸蔦別岳を登るルートは、はっきりした標識がなく、六ノ沢出合(尾根取り付き点)まではルートが不明瞭なので道迷いに注意が必要です。

 登山道などの状況 
ポロシリ山荘から約1キロ地点写真 幌尻沢渡渉点(標高960メートル)写真 「大岩」(標高1960メートル)写真
ポロシリ山荘から約1キロ地点 幌尻沢渡渉点(標高960メートル) 「大岩」(標高1960メートル)
 六ノ沢出合から尾根に取り付く写真 戸蔦別岳から幌尻岳に至る稜線写真   幌尻山荘写真 
六ノ沢出合から尾根に取り付く 戸蔦別岳から幌尻岳に至る稜線 幌尻山荘

● コース上の危険箇所 ● 安全登山の声かけ
登山道が狭く、谷側への滑落に注意
急斜面で浮き石がゴロゴロしている
 
戸蔦別岳と戸蔦別岳から幌尻岳に至る稜線上の写真

 額平川コースは、雨になると急激に沢の水位が上がり、渓谷にいる場合には逃げ場がなくなる危険性があるので、気象情報は必ずチェックして下さい。