ホーム  総合案内  安全登山情報  山岳パトロール情報  羅臼岳

実施日:平成26年8月8日(金)
   【コメント】
・   斜里町岩尾別の木下小屋から入山し、羅臼岳を登り岩尾別コースを往復する山岳パトロールを実施しました。(山頂気温は12度、風速は約4メートルでした。)
・   台風11号が西日本に接近し天候は下り坂でしたが、約50人の登山者がいました。
・   知床山系にはヒグマが多く生息しており、羅臼岳の登山道にも出没しているので熊鈴や熊スプレーの携行など、ヒグマ対策をしっかりしておきましょう。
・   「大沢」には雪渓が残っていましたが、8月下旬頃には解けてなくなるでしょう。

 登山道などの状況
岩尾別コース登山口(木下小屋)写真 「弥三吉水」の水場写真 「銀冷水」にあるトイレブース写真
岩尾別コース登山口(木下小屋) 「弥三吉水」の水場 「銀冷水」にあるトイレブース

「大沢」の雪渓写真
「大沢」の雪渓

◆コース上の危険箇所
羅臼岳山頂直下の岩れき帯写真
◆安全登山の声かけ
安全登山の声かけ写真
安全登山の声かけ写真
安全登山の声かけ写真
 道東の知床山系は、夏場でも気温の低い日が多く、天気の悪い日は気温が10度以下になることもあるので、雨具のほかにフリースやダウンなどの防寒着を携行して登りましょう。