ホーム  総合案内  安全登山情報  山岳パトロール情報  羊蹄山

平成25年山岳パトロール情報(羊蹄山)
実施日:平成25年10月5日(土)
   【コメント】
・   今年最後の山岳パトロールは羊蹄山(比羅夫コース)で実施しました。
・   当日は薄い雲のかかる晴れた日で、山頂気温は12℃、風速は約3メートルでした。
・   各登山コース(真狩、比羅夫、喜茂別、京極)から約50人の登山者が登っていました。
・   標高1,670メートルにある避難小屋は築40年が経過し老朽化が進んでいましたが、現在ある避難小屋の隣に木造二階建ての新しい避難小屋が建てられました。(収容人数約50人)
・   羊蹄山の登山道は急斜面が多く、各コースとも登山口から山頂までの所要時間が4〜5時間かかるので、登山には十分な体力が必要です。
・   羊蹄山は独立峰で風の影響を受けやすいため、山頂付近では立つことができない程の強風が吹くこともあるので、入山前には天気予報を確認しておきましょう。
・   間もなく雪が降る時期です。入山時は防寒着のほか帽子、手袋などの装備も忘れずに!

写真(比羅夫コース4合目の状況)
4合目の状況(比羅夫コース)
 
写真(羊蹄山山頂)
羊蹄山山頂(標高1,898メートル)
 
写真(7合目で登山者の皆さんと)
登山者の皆さんと(7合目)
写真(比羅夫コース9合目の状況)
9合目(比羅夫コース)
写真(山頂にて安全登山の声かけのようす)
安全登山の声かけ(羊蹄山山頂)
写真(1.5合目付近の急斜面)
1.5合目付近の急斜面は大きな石が多く、濡れた石の上は滑りやすいので足元に注意!
 山岳パトロール終了の翌日、京極コースから単独で入山した登山者が行動の遅れから下山中に日没となり、照明用具(ヘッドランプなど)を持っていなかったため暗くて登山道を下山できず救助要請する遭難が発生しました。日に日に日没が早くなっているので余裕ある行動計画を立て、日帰り登山でも照明用具を携行しましょう。