ホーム  総合案内  安全登山情報  山岳パトロール情報  斜里岳

平成25年山岳パトロール情報(斜里岳)
実施日:平成25年8月24日(土)
   【コメント】
・   今回は清里コース(旧道〜山頂〜新道)のパトロールを実施しました。
・   山頂到着時(午前9時30分)の天候はくもり、気温12℃、風速約10メートルでした。
・   この日、斜里岳には約40人の登山者がいました。
・   清里コースは一般的に下二股から旧道で山頂に登り、下りは上二股から新道を利用する人が多いです。
・   旧道は沢沿いに数回渡渉を繰り返し、連続する滝を見ながら登りますが、濡れた石や岩の上は滑りやすいので転倒や滑落に注意して下さい。
・   新道コ−スの熊見峠から下二股までの登山道は急坂で木の根や岩で大きな段差になっているところが多く、雨で濡れると滑りやすいので注意して下さい。
写真(登山口の状況)
山岳パトロール入山状況(登山口)
写真(旧道は沢沿いのルート)
旧道(下二股〜上二股)は沢沿いのルート
写真(山頂から馬の背のガレ場の状況)
山頂から馬の背に下る道は急なガレ場になっている
写真(一ノ沢沿いのロープ設置場所)
旧道(一ノ沢川沿い)の滑りやすい斜面にはロープが設置されています
写真(登山者に対する声彼の様子)
登山者に対する声かけ
写真(斜里岳山頂)
斜里岳山頂(標高1,547メートル)
 秋が近づいてくると、ひと雨ごとに気温が低くなってきます。
 雨や汗で衣類が濡れたまま強風にさらされると急速に体温を奪われ低体温症になってしまうので下着は撥水、速乾性に優れたもの、レインウェアは防水、透湿性に優れたものを着用しましょう。