ホーム  総合案内  安全登山情報  山岳パトロール情報  芦別岳

平成25年山岳パトロール(芦別岳)
実施日:平成25年7月29日(月)〜7月30日(火)
   【コメント】
・   旧道コース登山口から入山して北尾根を経由して芦別岳を登った後、新道コ−ス、覚太郎コースを下るルートで山岳パトロールを実施しました。
・   ユーフレ川の水量は少なめでしたが、ゴルジュの上部には雪渓が多く残っていました。
・   芦別岳山頂の天候はくもり、気温14℃、風速約3メートル、雲の中で視界は約50メートルでした。
・   旧道コ−スは登山道の崩壊箇所が多いため、滑落事故には十分注意して下さい。
 夫婦沢を通過するコースは登山道が崩壊しておりコースが一部変更されています。
写真(旧道コース(ユーフレ川)の状況)
旧道コース(ユーフレ川)の状況
写真(三段の滝)
三段の滝
写真(ユーフレ小屋)
ユーフレ小屋(写真中央)
写真(ゴルジュ付近の雪渓(スノーブリッジ))
ゴルジュ付近の雪渓(スノーブリッジ)
写真(北尾根の通過)
北尾根の通過
芦別岳旧道コース(夫婦沢)の一部変更
写真(芦別岳旧道コースの一部変更のお知らせ)
夫婦沢沿いのコースは土砂崩落のため、従来コースよりも約20メートル南側の小沢を登るコースに変更されています。

写真(芦別岳山頂)
芦別岳山頂(標高1,726メートル)
写真(安全登山の声かけ(半面山))
安全登山の声かけ(半面山)

 覚太郎コースは笹藪に覆われ登山道が不明瞭になっている場所があるので道迷いに注意が必要です。
 雨で濡れた石の上や沢登りでは、足を滑らせてケガをしやすいので気をつけましょう。