ホーム  総合案内  安全登山情報  山岳パトロール情報  旭岳

平成25年山岳パトロール(旭岳)
実施日:平成25年5月12日(日)
   【コメント】
・   前日の黒岳登山に引き続き、旭岳(標高2,290メートル)での山岳パトロールを実施しました。
・   入山時(午前7時)の天候は雨、気温3℃、風速1メートル、積雪約2.5メートルでした。
・   この日の旭岳は終始、厚い雲に覆われた天候で、旭岳石室(姿見ノ池避難小屋)付近から山頂までの間は、視界が50メートル程度しかありませんでした。
・   旭岳石室周辺は積雪が3メートル以上あり、石室の一階部分は雪に埋もれている状態でした。
・   この日は、山岳パトロール中に8人の登山者が旭岳山頂を目指して登っていました。
写真(登山口の状況)
旭岳ロープウェイ山麓駅からパトロール開始
写真(旭岳石室の状況)
旭岳石室の一階部分は雪に埋まっている状態
写真(旭岳山頂の状況)
天候くもり、気温−1℃、風速6メートル、
積雪1.3メートル
◆ 登山者に対する安全登山の声かけ
写真(旭岳8合目付近にて登山者に対する声かけの様子)
 視界不良による道迷いや下山中の転倒事故などに十分気をつけるように声かけを行いました。 
◆ 危険箇所ワンポイント
写真(旭岳7合目付近の危険箇所)
7合目付近は、地熱の影響で所々の雪面に大きな穴が開いており、中が広い空洞になっているので、通過時は雪穴に落下しないよう注意が必要です。
 旭岳石室から上は風を遮る場所がないので、晴れの日でも防寒対策を万全にしておきましょう。また、入山中は気象の変化に敏感になり、天候悪化の兆しが見えたら無理をせずに途中で引き返す勇気も必要です。