ホーム  総合案内  安全登山情報  山岳パトロール情報  朝里岳・白井岳・余市岳

平成25年山岳パトロール情報(朝里岳、白井岳、余市岳)
実施日:平成25年1月9日(水)〜1月10日(木)
   【コメント】
・   今年最初の山岳パトロールは札幌市近郊の朝里岳、白井岳、余市岳で実施しました。
・   厳しい寒気が入り込んでいたため、朝里岳山頂の天候は雪、気温−17℃、風速10メートル、積雪2メートルでした。(余市岳山頂は天候小雪、気温−19℃、風速14メートル、積雪40センチ)
・   朝里岳山頂付近の地形は比較的平坦なため吹雪などの視界不良時には迷いやすく、強風時には肌の露出部分が凍傷になりやすいのでしっかりとした防寒対策必要です。
・   朝里岳北側の標高1,200メートル付近の斜面では積雪が4メートル以上ありました。
・   冬季間は天候が急変しやすいので余裕を持った登山計画を立てて、万一に備えて通信手段の確保とビバーク装備を携行しましょう。登山計画書の提出も忘れずに!
朝里岳山頂付近の写真 白井岳西尾根1,190メートル付近の写真 1,240メートルから白井岳を望む写真
 朝里岳山頂付近(通称「飛行場」)
荒天時はホワイトアウト状態になるので事前に天候確認を!
 白井岳西尾根1,190メートル付近
稜線北側は雪庇が発達しており危険なため近づかないように
 1,240メートルから白井岳を望む
白井岳山頂は北側を回り込んだ方が傾斜が緩やかで登りやすい
朝里岳南東斜面の写真 余市岳北東コル付近から山頂方向の状況写真
 朝里岳南東斜面
(白井岳西尾根1,190メートル付近から撮影)
斜里岳南東側のがけ斜面上部には巨大な雪庇が発達しており大変危険なため近づかないように
余市岳北東コル付近から山頂方向の状況
ここから山頂方向の斜面は雪面が硬く傾斜が急になる
余市岳北東コルからの急登の写真 余市岳山頂手前300メートル地点の写真 余市岳山頂の写真
 余市岳北東コルからの急登
下山時、視界が悪い時には北側斜面に入り込みやすいので注意!
 余市岳山頂手前300メートル地点
同所の標識にはびっしりとエビのしっぽが形成されている
 余市岳山頂
天候雪、気温−19℃、風速14メートル、視界約30メートル
 朝里岳と余市岳の間は地形が平坦で目標物がないため、吹雪で視界が悪くなると迷いやすいので、道迷い防止装備を必ず携行しましょう。
パトロールコース Click!(PDF 44KB)