本文へスキップ

トップページ > サイトメニュー > 夏期における水難の防止

北海道警察本部TEL.011-251-0110

〒060-8520 札幌市中央区北2条西7丁目

夏期における水難の防止disaster by water

過去5年間における水難発生状況のグラフ

 気温の上昇とともに北海道の短い夏を満喫しようと海や川に出かける機会が増え、キャンプやマリンスポーツなどアウトドア・レジャーが盛んになる一方、遊泳禁止場所での水難、釣り中の海中転落、水上オートバイによる事故が多く発生しています。 水辺での行動は十分に注意し、事故のない楽しい夏を過ごしましょう。

水難を防ぐためのポイント

水難事故を防ぐために、次のことに注意しましょう。

  • 子供から目を離さないこと!
    波の力で倒されたり、沖に流されたりすることがあります。
  • 指定された場所で泳ぐこと!
    遊泳禁止区域には、離岸流や急な深み等多くの危険があります。
  • 体調不良時や飲酒後に遊泳しないこと!
    体調不良時や、飲酒した後は呼吸が乱れやすいので入水を避けまし ょう。
  • 釣りをするときは、救命胴衣を着用し、安全な場所で行うこと!
    高波の防波堤、流れが速い岸辺、滑りやすい岩場には近寄らないよ うにしましょう。
  • 水上オートバイは遊泳区域に入らないこと!
    安全な航行に努め、救命胴衣を着用しましょう。

離岸流について

離岸流とは、海岸に打ち寄せた波が沖に戻ろうとするときに発生する強い流れです。
一度流されると、知らず知らずのうちに沖まで流されるので注意が必要です。

対処方法

  • 慌てず落ち着いて助けを求める
  • 岸と平行に泳ぐ
  • 泳ぎに自信が無ければ、浮くことに専念!

このコンテンツのPDFデータ(1,740KB)

平成30年7月
北海道警察本部地域企画課