ホーム  運転免許証や各種手続き案内  運転免許証に関する各種案内  特定任意高齢者講習

特定任意高齢者講習

 特定任意高齢者講習とは、「チャレンジ講習」に合格した人のみが受講できる「簡易講習」で、年齢70歳以上の人が、運転免許証の更新期間が満了する日前6か月以内に受講すると、高齢者講習の受講が免除される講習です。
 チャレンジ講習
 加齢に伴って生ずる身体の機能の低下が自動車などの運転に著しい影響を及ぼしているかどうかについての確認を行う講習です。
 なお、75歳以上の人は、事前に認知機能検査を受検し、その結果が「記憶力・判断力に心配ありません。」と判定された人しか受講できません。
 チャレンジ講習に合格した後、簡易講習を受講する必要があります。
年齢  70歳以上75歳未満の人  75歳以上の人
受講期間  簡易講習受講日の6か月前から   更新期間満了日の6か月前から(事前に認知機能検査を受検しなければならないため)
実施場所  高齢者講習を実施している自動車教習所
手数料  2,650円(不合格の場合、受講するたびに手数料が必要です。)
講習時間  30分
講習内容  事前説明、指導員による模範走行の後、教習所のコース及び車両を使用して、一人10分程度の交差点右左折、S字、クランク、方向変換などのコース走行及びスラローム走行を実施し採点します。
採点方法  減点方式をとり、100点満点中、70点以上が合格となります。
 合格すると、「チャレンジ講習受講結果確認書」が交付され、交付後6か月以内に「簡易講習」を受講することができます。
 
 簡易講習
 「チャレンジ講習」に合格し、「チャレンジ講習受講結果確認書」の交付を受けた人が受講できる簡易な講習を言います。
 高齢者講習に代わる講習とみなされ、視力などの適性検査に合格すれば更新手続きができます。ただし、更新期間を過ぎると無効となります。
受講期間  更新期間満了日の6か月前から
実施場所  高齢者講習を実施している自動車教習所
手数料  1,500円
講習時間  1時間
講習内容  ○ 座学講習(30分)
 ○ 適性検査(30分)
 

 
平成29年3月
北海道警察本部運転免許試験課運転者講習係
 電話 011−683−5770 内線 745−251