ホーム  運転免許証や各種申請手続き案内  運転免許証に関する各種案内 運転適性相談
受付女性のイラスト 運転適性相談
運転適性相談を行っております
できるだけ事前にご相談ください

 一定の病気などに該当する可能性がある場合でも、すぐに免許の停止や取消しになるわけではありません。
● 症状などをお伺いします。
 下記の一定の病気などにより、自動車などの安全な運転に支障を及ぼすおそれがある人は、道路交通の安全の確保の観点から、免許が取得できない場合や、取り消される場合があります。各運転免許試験場では、一定の病気などを理由に自動車等の運転に不安がある人及びその家族の皆さんのために相談窓口を設けております。
 (詳しくは各運転免許試験場にお尋ねください。)
統合失調症 脳卒中
てんかん そううつ病
再発性の失神 認知症
無自覚性の低血糖症 アルコール依存症
重度の眠気の症状を呈する睡眠障害 その他運転に支障のあるもの

 すでに一定の病気などを理由に運転免許を取り消された人で、再度運転免許を取得される人は、こちらをご覧ください。
 
● 運転適性相談窓口への相談をお待ちしております。
 各運転免許試験場では、運転適性『聴力、色彩識別や運動能力(身体の障害など)』について心配のある人、及び上記の症状などがあった人やその家族の皆さんに対し免許の取得や更新が可能かどうかについての運転適性相談を受け付けています。
 免許を取得しようとお考えの人は、免許申請や自動車教習所への入所などを行う前にこちらにおいでいただくことをお勧めします。
 お気軽にご相談ください。

 各運転免許試験場の連絡先は、各運転免許試験場への案内図をご覧ください。
 事前相談の時間は、各運転免許試験場におたずねください。
  電話照会は、平日午前8時45分〜午後5時00分まで受付します。
    (なお、相談は予約となる場合があります。) 
 道路交通法令に定める一定の病気(症状)は、警察庁ホームページを参考にしてください。

平成28年3月
北海道警察本部運転免許試験課