ホーム  交通安全 > 運転免許試験場コース開放

運転免許試験場コース開放
 平成21年10月1日から道内の各運転免許試験場では、運転免許を取得する人または運転免許証を既にお持ちの人で運転操作に不安のある人(ペーパードライバー)などを対象に運転免許試験場コースを有料で開放しております。
 コース使用の日時、使用料、使用申請手続きなどについては、次のとおりです。
試験場 使用できる曜日 使用できる月日 使用できる時間
札幌運転免許試験場 平日   4月1日〜10月31日  午前6時30分から午前8時00分まで
 11月1日〜3月31日  午前7時00分から午前8時00分まで
 4月1日〜3月31日  午後4時00分から午後8時00分まで
日曜日   4月1日〜3月31日  午後4時00分から午後8時00分まで
祝日
(土曜日を除く)
 4月1日〜3月31日  午前10時00分から午後2時00分まで
札幌以外の運転免許試験場  各運転免許試験場へお問い合わせください。

1 コースを利用できる曜日及び時間について

※ 諸般の事情で使用日時などを変更することがありますので、使用申請手続きをする前に必ず電話で各試験場へお問い合わせください。なお、下記の場合はコースを使用することはできません。
 12月29日から翌年の1月3日までの間
 11月1日から翌年の3月31日までの間(二輪車のみ)
 悪天候、災害などの場合
 コースの維持管理(除雪など)を行う場合
 特に冬期間の場合、使用許可を受けた場合であっても、その後の降雪などによりコースを使用することができない場合があります。
(コース開放のための除雪は行っていません。)
 公用又は公共用若しくは他の理由でコースを使用する場合

2 コースを利用できる人

(1)  日本の運転免許証を持っている方又は国際運転免許証を所持している方。
(2)  (1)に該当しない方で、指導員の運転指導を受ける方。
(3)  運転指導員については、練習車両を運転することができる運転免許証又国際運転免許証を受けている方。

3 運転練習の車両について
 コースを使用する人が、運転練習の車両(道路運送車両の保安基準の規定に違反していない車両)を用意することとなります。
※ 運転免許試験場では、車両の貸し出しを行っていません。

4 コース使用料について
車種 使用料
大型自動車・中型自動車・大型特殊自動車 1台30分につき 810円
準中型車・普通自動車 1台30分につき 700円
大型自動二輪車・普通自動二輪車・原動機付自転車 1台30分につき 580円
 コース使用料は、コースを利用する直前に北海道収入証紙で納めていただくことになります。
 なお、札幌運転免許試験場における北海道収入証紙の取扱日時は、次のとおりです。
【取扱日時】
 平日・日曜日の午前8時30分から午後5時00分まで
(午後0時00分から午後1時00分までの間を除きます)
 使用料は、コースを使用する直前に納めていただきますので、午後5時以降又は祝日に使用する場合は収入証紙を事前に購入しておく必要があります。

5 コース利用の受付時間、場所、手続きに必要なもの
(1) 受付時間
 原則は、平日の午前8時45分から午後5時00分までです。
 (午前8時45分から午前10時30分までと午後1時00分から午後2時30分までの間は技能試験を実施していますのでなるべくこの時間帯を避けて来所して下さい。)
 ※  日曜日・祝日の受付は前の週の金曜日(執務時間)までにお願いします。 
 ※  早朝のコース受付は事前に申し込みをして下さい。 
(2) 受付場所
 各運転免許試験場の技能試験係で受付を行っています。
(3) 手続きに必要なもの
【個人が申請する場合】
・ 行政財産(コース)使用許可申請書(各運転免許試験場で用意しています)
・ 申請者が本人であることを証明する書類の写し
 (住民票の写し若しくは住民票記載事項証明書又は個人番号カード(有効な住民基本台帳カードを含む。)、健康保険の被保険証、旅券、その他本人であることを証明する書類)
・ コース使用料
【法人やその他の団体が申請の場合】
・ 行政財産(コース)使用許可申請書
・ 定款、寄附行為又は規約の写し
・ コース使用料
 ただし、コース使用許可申請の日前3月以内に、本人の確認書類の写し又は定款などの写しを提出されている人については、これらを提出する必要はありません。

6 冬季間に使用する場合の留意事項
 使用許可を受けている場合でも、コース内の除雪中はコースを使用できません。

7 留意事項
(1)  コース使用を辞退(キャンセル)する場合は、運転免許試験課に連絡をお願いします。
(2)  コースの使用料(北海道収入証紙)は、指定する番号標識の交付時に納付していただきますので準備して下さい。

8 手続きの流れ
許可申請書の提出
身分確認書類の提出
書類審査
コース使用許可書の交付
コース使用料の納付
(使用料納付書の提出)
コース使用許可書の提示
指導員の確認
(指導員が必要な場合)
マグネットシート(四輪車)の受領
ゼッケン(二輪車)の受領
コースの使用
マグネットシート(四輪車)の返却
ゼッケン(二輪車)の返却

9 各運転免許試験場の住所、電話番号
運転免許試験場 住所 代表電話番号
札幌運転免許試験場 札幌市手稲区曙5条4丁目1番1号 011−683−5770
函館運転免許試験場 函館市石川町149番地23号 0138−46−2007
旭川運転免許試験場 旭川市近文町17丁目2699番地の5 0166−51−2489
釧路運転免許試験場 釧路市大楽毛北1丁目15番8号 0154−57−5913
帯広運転免許試験場 帯広市西19条北2丁目1番2 0155−33−2470
北見運転免許試験場 北見市大正141番地1 0157−36−7700

平成29年3月
北海道警察本部運転免許試験課